ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第44号が8月に刊行された。今号も約40話の興味深い話が満載。たとえば〃イタイプーダム救った8人の侍」の一人、荒木昭次郎さんが書いた「そろばん」。卓上電子計算機が普及する以前の70年代初期まで、日本から持ってきたソロバンと計算尺が大いに設計事務所の仕事に役立っていたとか。《それを見た仕事仲間のブラジル人達が皆珍しがって寄って来ては驚いていました。東洋の珍しい新武器を使って仕事がはかどり、皆を驚かせた思い出がありました》とのこと。今号では「楽書倶楽部読者大賞」の応募も発表された。今年の号の中で最も良いと思う作品を選んでメールか封筒で送る。来年2月号で発表とか。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年2月1日 大耳小耳  この週末(1、2日)は、サンパウロ市のリベルダーデ日本広場からグロリア街にかけての周辺で、盛大に「中国新年」イベントが開催される予定。新型コロナウイルスの関係で、本国では盛大に祝えなかった。その分、「中国以外では世界最大のサンパウロの中国新年」では賑やかに祝われるかも。ただし […]
  • 大耳小耳2020年1月17日 大耳小耳  椰子樹社(多田邦治代表)が発行する歌誌『椰子樹』383号が19年12月に発行された。《移住時は貧困に生きしわれにして節約言えば若きら笑う》(梅崎嘉明)、《訪れし日のありありと首里城の火の海となる映像胸突く》(小池みさ子)、《民の幸・世界平和を願いたまう御即位宣言の天皇陛下》( […]
  • 大耳小耳2020年1月16日 大耳小耳  10日付本面記事「修養団=講師・中山貴生さん来伯=聖、パラナで講習会開催」で報じた通り、ブラジル修養団連合会はサンパウロ、パラナ両州で子ども向けに心身の成長を目的とした講習会を開催している。その定員に空きがあり、現在参加者を募集中。修養団の関係者でない人も参加可能。参加する子 […]
  • 大耳小耳2020年1月15日 大耳小耳  11日付本面「村田製作所が特別な取り組み=デカセギのビザ、渡航費負担」の記事中、一部、不適当な表現があった。デカセギの訪日渡航費と入国査証(ビザ)取得にかかる費用を、直接に負担しているのは人材派遣会社の方だった。クライアントが支払うお金を人材派遣会社がやりくりして、その費用を […]