ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第44号が8月に刊行された。今号も約40話の興味深い話が満載。たとえば〃イタイプーダム救った8人の侍」の一人、荒木昭次郎さんが書いた「そろばん」。卓上電子計算機が普及する以前の70年代初期まで、日本から持ってきたソロバンと計算尺が大いに設計事務所の仕事に役立っていたとか。《それを見た仕事仲間のブラジル人達が皆珍しがって寄って来ては驚いていました。東洋の珍しい新武器を使って仕事がはかどり、皆を驚かせた思い出がありました》とのこと。今号では「楽書倶楽部読者大賞」の応募も発表された。今年の号の中で最も良いと思う作品を選んでメールか封筒で送る。来年2月号で発表とか。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年12月21日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』327号が11月に刊行された。長屋充良会長宅で11月24日、忘年会をかねて、来年の県連日本祭りで出す郷土食の試食会も行われたそう。NHKドラマ『半分、青い!』で有名になった「五平餅」と「鶏ちゃん」が振る舞われて好評を博した。そのほか、タコ焼き、牛肉串 […]
  • 大耳小耳2018年12月20日 大耳小耳  『ブラジル日系文学』第60号では、本紙で掲載した突撃ルポ「ジョアン・デ・デウスの館」の読後、実際にゴイアス州アバジニアの同館に行った際の体験記「アバジニア」(山本紅)が掲載されている。《不思議なのは夜、館上空の写真を撮ると青い玉や、黄色、赤などの色がちりばめられていること。他 […]
  • 東西南北2018年12月13日 東西南北  駐ブラジル日本国大使館が出すPDF版『大使館情報』2018年12月号によれば、山田彰大使は11月21日にキム・カタギリ次期下議、23日にはエルネスト・アラウージョ次期外務大臣、4日にはジャイル・ボウソナロ次期大統領と懇談した。中でもカタギリ下議は「自分に出来ることがあれば是非 […]
  • 大耳小耳2018年12月12日 大耳小耳  南米産業開発青年隊協会が発行するPDF版会報『南青協便り』第 […]