ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済防衛審議会(Cade)が東芝とパナソニックの子会社に制裁金=10年以上前のカルテル疑惑で

《ブラジル》経済防衛審議会(Cade)が東芝とパナソニックの子会社に制裁金=10年以上前のカルテル疑惑で

 日本の公正取引委員会にあたる、ブラジルの経済防衛審議会(Cade)は、東芝とMTピクチャー・ディスプレイ社(パナソニックの子会社、以下MTP)が、テレビやパソコンモニターのブラウン管の製造、販売でカルテルを行っていたとして、合計490万レアル(およそ1億3700万円相当)の制裁金の支払いを命じたと、22日付、ブラジルニュースサイト、アジェンシア・ブラジルが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ