ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ大都市圏=金塊強奪事件の容疑者逮捕=人質と偽った職員含む3人

サンパウロ大都市圏=金塊強奪事件の容疑者逮捕=人質と偽った職員含む3人

犯行後に乗り捨てられた連警車両に似せた車の一つ(Divulgação/Polícia)

 【既報関連】サンパウロ大都市圏グアルーリョス市のクンビッカ国際空港で25日に起きた約720キロの金塊強奪事件で、27~29日に容疑者3人が逮捕されたと29日付現地紙、サイトが報じた。
 最初の逮捕者は、人質にされたと言っていた空港職員のペテルソン・パトリシオ容疑者(33)だ。同容疑者は事件の当日、現場に乗り込んだ車から真っ先に降りた人物で、7年前から貨物ターミナルで荷物を捌く作業を担当していた。同容疑者は27日に事情聴取に応じ、誘拐された経緯や強盗団と辿ったルートなどを問われたりしている内に神経質になり始め、自分も関与していたと自供した。
 もう1人は、ペテルソン・ブラジルと呼ばれる男で、警察はこの男が知人のパトリシオ容疑者を誘ったと見ている。
 また、28日には、偽装した警察車両が乗り捨てられていた駐車場の関係者2人が事情聴取を受け、内1人が29日未明に逮捕された。
 29日未明に逮捕されたセリオ・ジアス容疑者は、犯人達が所持していた火器の一つに使われていたと思われる機関銃の充填機を持っていた。同容疑者は、犯人達が空港から運んできた金塊を別の車に乗せ換えて逃亡する際の車の手配などを手伝ったと見られている。
 警察は、事件当時の犯人達の動き方から、空港内、それも通常の職員は入れない地区での貨物の動きなどを知っている人物が関与していたと確信し、捜査を進めていた。
 1億1千万レアル相当の金塊の行方や残りの強盗団に関する捜査は、今後も継続して行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き2020年9月18日 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き  16日、リオ州を拠点とする犯罪集団「コマンド・ヴェルメーリョ(CV)」の資金洗浄疑惑に対する捜査が行われ、大物幹部が逮捕された。16日付現地サイトが報じている。  今回行われた「オーバーロード2」作戦は、2015年に行われた「オーバーロード作戦」の続編にあたる。主導はリオ州 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]