ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》コロナ以外の病気の対応拡大=時間延長で手術や検査増やす

《サンパウロ市》コロナ以外の病気の対応拡大=時間延長で手術や検査増やす

手術中の医療スタッフ(Arquivo/Elza Fiuza/Agencia Brasil)

 サンパウロ市市役所が13日、新型コロナのパンデミックへの対応で滞っていたコロナ感染症以外の病気への対応を正常化するため、公立病院の対応時間を延長し、手術や検査を増やすと発表したと同日付現地サイトが報じた。
 対応時間が延長されるのはDiaと呼ばれる病院で、サンミゲル(東部)とヴィラ・ギリェルメ/ヴィラ・マリア(北部)、ブタンタン(西部)、イビランガ・エ・Drフラヴィオ・ジアノッチ(南東部)、シダーデ・アデマル(南部)の5病院は24時間対応、イタイン・パウリスタとサンマテウス(東部)、ブラジランジア/フレゲジア・ド・オ(北部)、ペーニャ、モオカ、ヴィラ・プルデンテ(南東部)、カンポ・リンポとMボイ・ミリンⅠ(南部)の8病院は7~22時の対応となる。

 高齢者や基礎疾患がある人や、手の込んだ手術などで入院が必要な場合の対応は、24時間対応の病院や、小中規模の病院で行う。これらの措置は、コロナ禍で延期されたりした手術を実施するまでの時間を短縮するためのもので、大腸や上部消化管、頭頸部などの内視鏡検査なども加速化させる意向だ。
 サンパウロ市では、対応時間延長に伴う医師や看護師を雇用したり、必要な機材を購入したりするため、月々400万レアルを投資する意向だ。
 これらの措置は、新型コロナの感染者や入院患者が減少し、コロナ感染症患者のために確保していた病床を通常の医療活動でも使用できるようになってきた証拠だ。
 オズワルド・クルス財団(Fiocruz)によると、コロナ患者用の集中治療室の占有率は全州で90%以下となっており、サンパウロ市の占有率は61%まで下がっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■記者の眼■両陛下から頂いた〝追い風〟=群馬ご訪問に込められた意味2008年4月9日 ■記者の眼■両陛下から頂いた〝追い風〟=群馬ご訪問に込められた意味 ニッケイ新聞 2008年4月9日付け  天皇皇后両陛下は今年が日本移民百周年(日伯交流年)であることから、日本有数のブラジル人集住地である群馬県大泉町などを七日、ご訪問された。 […]
  • 《ブラジル》ケリーさん殺害事件=強盗目当てだった相乗り犯=恋人に会う旅が悪夢に2017年11月7日 《ブラジル》ケリーさん殺害事件=強盗目当てだった相乗り犯=恋人に会う旅が悪夢に  【既報関連】サンパウロ州在住のケリー・クリスチーナ・カダムーロさん(22)が、車の相乗りでミナス・ジェライス州に向かう途中で殺された事件に関し、相乗りの上、殺害を行った容疑者が3日に逮捕された。4日付現地紙が報じている。  主犯はジョナタン・プラド容疑者(33)で、同容疑者 […]
  • 婦人部自慢の味をどうぞ=19日に北海道ラーメン祭り=北海道協会2007年8月11日 婦人部自慢の味をどうぞ=19日に北海道ラーメン祭り=北海道協会 2007年8月11日付け  北海道協会婦人部「はまなす会」主催の「第十二回北海道ラーメン祭り」が十九日午前十一時から午後四時まで、同協会会館(Rua Joaquim Tavora,605)大サロンで開かれる。 […]
  • 東西南北2019年9月12日 東西南北  10日、ドナルド・トランプ米国大統領がジョン・ボルトン大統領補佐官を更迭した。ボルトン氏と言えば、ジョージ・ブッシュ氏が大統領だった2001~08年当時から共和党政権のタカ派外交の参謀役として知られ、トランプ政権でも右腕的存在だった。ボルトン氏は昨年11月に、米国政府の要人と […]
  • 節目迎えた二天古武道研究所=創立20周年を州議会で2013年8月31日 節目迎えた二天古武道研究所=創立20周年を州議会で ニッケイ新聞 2013年8月16日  二天古武道研究所(岸川ジョージ代表)の創立20周年を祝う表彰式典が16日午後7時から、サンパウロ州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, 201, Ibirapuera)で開かれる。 […]