ホーム | ブラジル国内ニュース | ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論

ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論

 今月6日のW杯準々決勝のベルギー戦で破れ、試合後も一切取材に応じていなかったネイマールが19日、初めて公の場所に姿を現し、取材に対応した。
 サンパウロ市のホテルで開かれた、ネイマール財団主催のチャリティーオークションの場で取材に応じたネイマールは、試合中に大げさに倒れる行為が世界的に批判され、さらには、自分を馬鹿にしたような風潮(「ネイマール!」と叫ぶと、倒れて激しく痛がるそぶりを見せる動画の拡散など)が広がっていることに対し、「ドリブル突破に拘るのは自分のスタイル。『悪いけど、そこ行かせてくれるかな? シュート決めたいんだけど』ってお願いして突破できるわけじゃない。敵は突破させまいと、反則で止めてくる。近くで見ているはずの審判が、何もしてくれないなら、(アピールするより)仕方ない」
 「『痛い、痛い、痛―い』ってわめくだけの簡単な人生だと思う? 本当に痛くて、怪我してるんだよ。試合の後、4時間も5時間もアイシングするんだ。みんな知らないだろ。知ろうともしないなら、仕方ないね」と語るネイマールは、ブラジル敗退の責任を一身に受けていることに対しても、「もう慣れっこだよ。負けたら全て自分が背負わなきゃいけない。幸い、僕の背中は大きくて頑丈なんだ」と答えた。
 W杯が終わり、自身の価値が落ちたかのように語られている事に対する恐れはないかと聞かれると、「価値が落ちたってわけじゃないと思うな。だって、今でもみんな僕の事を話題にしているんだし。本当に価値が落ちたのなら、僕の事を話題にしないだろ?」と答えた。ネイマールは、去就についてもPSG残留を明言した。(20日付ブラジル各紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代2020年9月18日 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]