ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 先日、アルゼンチンの議会で法案を変更するか否かが問われるなど、国際的な話題でもある妊娠中絶問題。このニュースは同国の現状と似た法律を持つブラジルにも影響を与え、抗議運動をする人たちも出現した。だが、ダッタフォーリャの最新調査では、「現行のままでよい」とする意見が男性58%、女性59%で、ほぼ6割が現行法に賛成していることがわかった。ブラジルでは「強姦による妊娠」「出産が母親の生死にかかわる」「胎児が無能症」のときにのみ、13週以内での中絶が認められるが、それ以外のケースの中絶や違反時の処罰軽減を認める人は1割程度だった。国が違えば事情も違うが、この件での法改正は当面ないか。

     ◎

 19日、サンパウロ州フランサで、車を運転中に油を浴びせられた上、火をつけられ、48歳のヴェラ・ルシア・コウチーニョさんが全身に火傷を負う事件が発生。ヴェラさんは22日に、入院先の病院で亡くなった。警察は現在、加害者と見られる元恋人を追跡中だ。調べによると、その男性はヴェラさんから切り出された別れ話を受け入れられずにいたという。真実なら何とも情けない話だが、このところ、こうした恋人や夫による女性殺害の報道が続いている。

     ◎

 22日のサッカーの全国選手権、首位のサンパウロはクリチーバでのパラナー戦を1―1で引き分けた。敵地での試合ではあったものの、相手は今季、目

下最下位のチームだっただけに、勝っておきたかった試合を逃してしまった。一方、2位のインテルナシオナルは、バイーアに1―0で勝利し、勝ち点差わずか1点に迫った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年3月1日 東西南北  2月末のブラジルに、降って沸いたような「北朝鮮最高指導者のブラジル偽造パスポート使用疑惑」。今現在、ただでさえ、その言動が世界的な話題になりやすい金正恩氏だが、それがブラジルと結びついたのだから、やはり驚きだ。しかも、そこでの名義は「生粋のパウリスタのジョセフ」という、本物の […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]