ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領選のキャンペーンが本格化して以来、連日のように国内のメディアをにぎわすボウソナロ氏が、米国メディアの注目も集めはじめている。だが、その論調はかなり驚いている様子だ。数カ月前までは同氏に関して楽観的な報道を行ってきた経済大手のエコノミスト誌は、同氏の副候補が「テメル政権への軍事介入を辞さない」と発言した陸軍元大将のモウロン氏と知るや、「ブラジルは危険な状態だ」と報じはじめている。タイム誌も、「トランプ氏もかなり道義性に欠けるが、ボウソナロ氏はそれ以上だ」と報じている。同氏の快進撃が続けば国際世論も黙っていられなくなる雰囲気だが、果たしてどうなるか。

     ◎

 サンパウロ市地下鉄2号線サコマン駅で22日、18歳の女子大生が銃を持った男に強姦される事件が起きた。女子大生は大学に行く途中、切符売り場で男から質問を受けたが、プラットフォームで電車を待っていた時、階段脇のひと気のないコーナーに連れて行かれ、犯されたという。人に気付かれそうになったため、男は行為を止めたが、その後も彼女と共にサンジョアキン駅まで行き、大学の近くで、彼女を解放したという。同地下鉄では最近も強姦発生疑惑が報じられたばかりだ。

     ◎

 24日、ペルーでマグニチュード7・1の地震が発生した。発生時間は午前4時過ぎ(ブラジリア時間の午前6時)で、震源地はブラジルのアクレ州と国境を接するプエルト・マルドナド、震源の深さは250キロだった。同州でも強い揺れは感じられたが、現在のところ、死者や負傷者、津波の心配などはないという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2017年10月26日 東西南北  黄熱病ショックに襲われているサンパウロ市だが、新たな猿の死体が見つかったことで、市立の公園では最大のアニャンゲーラ公園(ペルース)が25日より閉鎖された。これで、同市での黄熱病対策で20日以降に閉鎖された公園は、州立カンタレイラ公園、オルト・フロレスタル公園に次いで三つ目(い […]
  • 東西南北2016年11月15日 東西南北  サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、今年の1月から9月において、サンパウロ市での殺人事件で軍警によって殺害された人の数は287人だった。同期間中に殺人事件で亡くなった人の総数は923人なので、およそ10人中3人が軍警によって殺されている計算となる。同市の過去のデー […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]