ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日本文化福祉協会の文化ホールを完成させるには約200万レアルが必要で、現在集まっているのは120万レアル。「さあ~始めよう」企画者の中平さんは「文化ホールが出来た後も継続して開催したい」と話す。「イベントが毎年の恒例のようになってきた。日本文化を守るためや、日本文化が根付いていることを伝えるための役割を果たしている」と話した。文化ホールが開幕した後も、その運営資金や設備費を集める必要が予想されるから、確かに続ける必要がありそう。となれば、すでに「始まっている」訳だから、「さあ~始まったよ」とか「さあ~もっと盛り上げよう」とかネーミングを工夫してもいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 山海塾ブラジル公演=最新舞踏『とばり』を披露=サンパウロ市は14日から3日間2010年9月9日 山海塾ブラジル公演=最新舞踏『とばり』を披露=サンパウロ市は14日から3日間 ニッケイ新聞 2010年9月9日付け  舞踏カンパニー「山海塾」(天児牛大主宰)のサンパウロ公演が14~16日(いずれも午後9時開演)、サンパウロ市インテルラーゴ区のトランスアメリカホテル内にあるアルファ劇場(Rua Bento Branco […]
  • 会場の様子2014年8月6日 ボイスベン号同船者会=23人が笑顔で再会  着伯53周年を記念し、移民船「ボイスベン号」の同船者会が26日にサンパウロ市のレストラン「Rancho da TRAIRA」で開かれた。50周年記念として3年前に始まり、毎年実施されている。今年も23人が久しぶりの再会を喜び、昔話に花を咲かせた。 「今年も開催されて良かっ […]
  • 大統領官邸にもロドリゲス氏の作品が置かれている(Roberto Stuckert Filho/PR)2014年9月4日 ブラジルデザイン界のパイオニア=セルジオ・ロドリゲス氏死去  ブラジルデザイン界の偉大なる先駆者として名高いデザイナーのセルジオ・ロドリゲス氏が1日朝、リオデジャネイロ市の自宅で86年の生涯を終えた。同氏は12年癌を患っていた。 1927年生まれのロドリゲス氏は、クリチーバ市での「セントロ・シビコ計画」への参加で建築家としてのキャリ […]
  • ■人探し■滝本信雄さんを知りませんか?2012年6月15日 ■人探し■滝本信雄さんを知りませんか? ニッケイ新聞 2012年6月15日付け  東京都練馬区在住の滝本恵美子さんが、息子の信雄さんを探している。  1946(昭和21)年生まれ。力行会の農業移民として、69年11月出航のあるぜんちな丸で渡伯したが、2、3年後に音信不通となった。 […]
  • コラム 樹海2010年4月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年4月24日付け […]