ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日本文化福祉協会の文化ホールを完成させるには約200万レアルが必要で、現在集まっているのは120万レアル。「さあ~始めよう」企画者の中平さんは「文化ホールが出来た後も継続して開催したい」と話す。「イベントが毎年の恒例のようになってきた。日本文化を守るためや、日本文化が根付いていることを伝えるための役割を果たしている」と話した。文化ホールが開幕した後も、その運営資金や設備費を集める必要が予想されるから、確かに続ける必要がありそう。となれば、すでに「始まっている」訳だから、「さあ~始まったよ」とか「さあ~もっと盛り上げよう」とかネーミングを工夫してもいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月16日 大耳小耳  9日から聖州サンジョゼ・ドス・カンポス市のマルチンス・ペレイラ競技場で開催されている「ワールドラグビーU20トロフィー」で日本代表は、13日にウルグアイと対戦して46―31で勝利を収めた。日本は17日のケニアとの3戦目を残してグループ首位がほぼ決定的となった。21日の最終戦で […]
  • 大耳小耳2019年7月13日 大耳小耳  現在、北海道文化協会の婦人部、はまなす会に所属する女性は25人ほど。鈴木妙子会長によれば「年々高齢化し、外にあまり出られない人もいるので、10人くらいで何とかやっています」と人数不足に悩まされているのだとか。そのような状況下で、何年か前からYOSAKOIソーラン「一心」の若者 […]
  • 大耳小耳2019年7月12日 大耳小耳  11日付のエスタード紙が、日本食レストラン「木下」の元オーナーシェフ、有名寿司職人の村上剛史さんが、8月にジャルジン・パウリスタ区(Alameda Min. Rocha Azevedo, […]
  • 大耳小耳2019年7月5日 大耳小耳  ニッケイ新聞の表札ともいえる1面の「題字」が、本日から変わった。以前は横書きだったが、縦書きにした。背景には、ブラジル日系社会の新聞らしく、鳥居、オウム、サクラをあしらった。ぜひ読者からの感想を聞きたいところ。「以前より日本の新聞らしくなった」とか、逆に「ちょっと軽すぎでは」 […]