ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日本文化福祉協会の文化ホールを完成させるには約200万レアルが必要で、現在集まっているのは120万レアル。「さあ~始めよう」企画者の中平さんは「文化ホールが出来た後も継続して開催したい」と話す。「イベントが毎年の恒例のようになってきた。日本文化を守るためや、日本文化が根付いていることを伝えるための役割を果たしている」と話した。文化ホールが開幕した後も、その運営資金や設備費を集める必要が予想されるから、確かに続ける必要がありそう。となれば、すでに「始まっている」訳だから、「さあ~始まったよ」とか「さあ~もっと盛り上げよう」とかネーミングを工夫してもいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄県人会総会、25日=午後に特別総会も2018年2月17日 沖縄県人会総会、25日=午後に特別総会も  ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は25日午前10時(第二次召集)から、同会館大サロン(Rua Tomaz de Lima, 72, […]
  • 国際協力財団から2万ドル=療育音楽協会贈られる2005年8月27日 国際協力財団から2万ドル=療育音楽協会贈られる 2005年8月27日(土)  国際協力財団(神内良一理事長)がこのほど、ブラジル療育音楽協会(山下忠男会長)に活動費として、二万ドルを支援することになった。 […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月7日  百歳表彰者はブラジル内その他地区で、クリチバに5人、ベレン、リオに1人ずつ。ホノルル4人、サンフランシスコ2人、ペルー2人、メキシコ2人と続く。ブラジルが圧倒的に多い。福嶌総領事は、百歳表彰は主に申告制となっており、親族らが領事館に伝えるこ […]
  • 《ブラジル》リオ連邦大学が一部停止?=大学関連の経費凍結の影響で2019年8月7日 《ブラジル》リオ連邦大学が一部停止?=大学関連の経費凍結の影響で  リオ連邦大学(UFRJ)のデニーゼ・デ・カルヴァーリョ学長が5日、学内の活動の一部が今月から停止の危機にあると明かしたと同日付現地紙サイトが報じた。  全ての連邦大学では5日から今年下半期の活動が始まったが、連邦政府からの予算支出が大幅に削られたため、UFRJでは諸活動の継 […]
  • 東西南北2014年8月16日 東西南北  13日にエドゥアルド・カンポス氏が犠牲になった、サンパウロ州サントスのセスナ機墜落の検証は今も行なわれているが、墜落の瞬間の推測が進んでいる。墜落現場となった民家の間にあった中庭には直径10メートル、深さ3メートルの大きな穴が開いたが、専門家は、この穴から判断するに飛行機 […]