ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル連邦検察庁=前労相、PTB党首ら26人起訴=「労働省は政党に牛耳られていた」=賄賂と引き換えに労組認定

ブラジル連邦検察庁=前労相、PTB党首ら26人起訴=「労働省は政党に牛耳られていた」=賄賂と引き換えに労組認定

ヨムラ・エウトン前労相(Fabio Rodrigues Pozzebom / Agencia Brasil)

ヨムラ・エウトン前労相(Fabio Rodrigues Pozzebom / Agencia Brasil)

 ブラジル連邦検察庁(PGR)は27日、労働組合の承認手続きにおいて不正に便宜を図り、引き換えに賄賂を受け取っていたとして、26人の政治家らを最高裁(STF)に起訴したと、27、28日付現地紙、ニュースサイトなどが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ