ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナウイルス=各州が感染拡大防止策追加=リオはレストランに制限、聖市は乗り入れ制限停止

《ブラジル》コロナウイルス=各州が感染拡大防止策追加=リオはレストランに制限、聖市は乗り入れ制限停止

 【既報関連】新型コロナウイルスへの感染者が急増する中、リオ州や聖市が感染拡大防止に向けた新対策を発表した。
 リオ州のウイルソン・ヴィッツェル知事(キリスト教社会党)が17日に発表した知事令には、公立、私立校での授業やサッカーなどのスポーツの試合、不特定多数が参加する行進や集会、フェスタ(パーティ)会場を使ったイベントや科学的なイベント、ショー、劇場や映画館、フェイラ(青空市)といった諸活動を15日間、中止する事が明記されている。
 さらに、バスや電車、地下鉄、フェリーの運行を50%減らし、学生用のフリーパスの使用も停止する。高齢者や障害者用のフリーパスは継続して使用できる。
 また、ショッピングセンターや商店街(商業センターの閉鎖(スーパーや薬局、医療サービスは除く)、アカデミア(スポーツジム)やスポーツクラブの活動停止、海岸や湖畔、河岸、公共プールへの外出停止が勧告された。
 勧告の中には、(ショッピングセンターなどの中の店舗も含む)レストランやバール、軽食店の利用者を通常の30%程度に制限し、営業時間も短縮する事や、ホテルや宿泊施設内部のレストランなどの利用者数の制限なども入っている。
 また、コロナウイルスが蔓延している、またはコロナウイスル感染拡大で緊急事態を宣言した国や州からの航空便やクルーズ船の停泊停止も勧告された。
 また、感染確認者が急増し、16日には死者も出た(確認は17日)聖市では、ブルーノ・コーヴァス市長が緊急事態を宣言、17日付の官報に掲載された。
 緊急事態を宣言した自治体は、対処に必要な資材やサービスを入札を行わずに購入でき、支払いも後払いが認められる。
 コーヴァス市長は16日にも、17日からはナンバープレートの末尾番号による乗り入れ制限(ロディージオ)を外す事を明らかにした。この措置は、公共交通機関の利用を避け、自家用車で通勤使用とする人達を支援するものだ。
 また、市が開催許可を出すイベントは全て中止され、文化センターや社会福祉関係の施設も活動停止とされた。ただし、路上生活者の収容施設は活動を継続する。
 同市長は、60歳以上の市職員は自宅勤務とする事や、全てのバスは終点に着いたら殺菌してから再運行するなどの衛生管理の徹底を命じた。
 また、リオ州やサンパウロ州同様、スポーツの試合やイベントなども当面は中止となった。
 コーヴァス市長は、コロナウイルスの影響で、市の税収は15億レアル程度減額するとの見通しも明らかにした。また、バールやレストラン、ショッピングセンター、ナイトクラブなどの営業についても、協議する意向を明らかにしている。
 市役所や市が管轄するサービスは、リスクの少ない年齢層の職員を二つのグループに分けて行う後退業務とする事なども公表された。(17日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月19日 東西南北  15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩 […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]