ホーム | ブラジル国内ニュース | (サンパウロ市地下鉄5号線)AACD駅がやっと開業 またも内部不備の報道も

(サンパウロ市地下鉄5号線)AACD駅がやっと開業 またも内部不備の報道も

8月31日に開業したAACD駅の入り口

8月31日に開業したAACD駅の入り口

 8月31日、サンパウロ市地下鉄鉄5号線の新駅AACDセルヴィドール駅が開業した。同日付現地サイトが報じている。

 同駅の当面の営業時間は午前9時から午後4時までとなっているが、この日は同駅で行われた開業式のせいで、午前11時からの開業となった。

 今回の開業は、これまでの同線の他の駅の開業時とは異なり、ひとつ前の駅で下車して無料で乗り換えを行うものではなく、無料期間はない。各電車もAACD駅まで直通となる。

 同線では新駅が開通するたびに何らかの不備が報じられているが、今回も、プラットホームと電車の入り口に高さの差がある、スロープ部分に滑り止めが施されていないなど、盲人や車椅子の乗客らへの対応策の不備がすでに報じられている。

 同駅は、本来ならサンパウロ病院駅、1号線との連結駅のサンタクルス駅、2号線との連結駅のシャーカラ・クラヴィン駅と同時に7月開業の予定だったが、これら3駅は9月末に完成予定だ。なお、AACDセルヴィドール駅からサンタクルス駅へは、目の前のペドロ・ド・トレド大通りを15分強直進すれば到着できるので、1号線に乗り換えたい場合は徒歩での移動も可能だ。

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ