fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》数学五輪で世界10位に=6人全員がメダルを獲得

《ブラジル》数学五輪で世界10位に=6人全員がメダルを獲得

今年の国際五輪の引率者(最上段)と参加者(下2段)(Divulgação/Impa)

 1959年に始まり、14~19歳の高校生が参加する数学五輪で、ブラジルが165ポイントを挙げ、参加105カ国中10位に入賞した。
 ブラジルが数学五輪に参加し始めたのは39年前だ。今回は、金メダル1人、銀メダル5人という好成績で、日本やフランス、カナダ、ドイツといった国を上回る、史上最良の結果となった。
 金メダルはペドロ・ゴメス・カブラル君(セアラー州フォルタレーザ)が、銀メダルはベルナルド・ペルーゾ・トレヴィゼン君(サンパウロ州サンパウロ)、フランシスコ・モレイラ・マシャード・ネット君(セアラー州フォルタレーザ)、ガブリエル・リベイロ・パイヴァ君(セアラー州フォルタレーザ)、ギリェルメ・ゼウス・ダンタス・エ・モウラ君(リオ州マリカー)、パブロ・アンドラーデ・カルヴァーリョ・バロス君(ピアウイ州テレジーナ)が獲得した。
 金メダリストのカブラル君(19)は、2016年から五輪出場に向けた準備を始めた。国際五輪に初めて参加したのは2018年で、同年にはペルナンブコ州からセアラー州に転居した。フォルタレーザ市の学校の教師は数学五輪経験者で、どんな準備をすればよいかも適切に指導してくれた。初回は銅メダルだったが、翌年は銀メダル、今年は金メダルと、年毎にランクを上げてきた。

 初回出場時から金メダル獲得が夢だったというカブラル君は、1日11時間勉強するに至った。数学は特に好きではなかったという。他の教科の五輪にも出場経験があり、初回の国際五輪に出た時以来、数学が自分に一番合っていると思うようになったという。
 カブラル君はフランスの大学に進み、数学とコンピューターを学ぶという。現在はビデオでの遠隔授業を受けているが、10月にはフランスに行くという。
 国際五輪出場者は国内五輪でメダルを獲得した後、3段階の選考テストと特訓を受けて本大会に臨む。引率者は、国内数学五輪コーディネーターで全国純粋・応用数学研究所(Impa)調査員のカルロス・グスターヴォ・モレイラ氏と、チェコ科学アカデミーのマテウス・セッコ氏だ。
 モレイラ氏は、「彼らは、全国の学校からの参加者がせめぎ合う、厳格な選考過程で結ばれた」とし、「今回のメダル獲得で優秀な大学からの奨学金ももらえるだろうし、様々な分野で立派なキャリアをつめるだろう」と語る。
 ブラジルは数学のレベルも高く、数学を利用する分野の研究も盛んだが、教育省が研究費を削減したりする中、若くて優秀な青年達の頭脳流出が起こる事も懸念している。全国の高校生の数学の平均レベルは国際評価で最後尾の10カ国に入るなど、差が大きいのも悩みの種だ。
 なお、今年の上位10カ国は、中国、ロシア、米国、韓国、タイ、イタリア、ポーランド、オーストラリア、英国、ブラジルだ。(9月30日付、10月1日付G1サイト、同エスタード紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆2020年10月30日 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆  【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が28日、新型コロナに対する中国製のワクチン「コロナバック」4千万回分を生産するための原材料の輸入を認めたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。  原材料輸入はサンパウロ市のブタンタン研究所が9月に「例外的措置」として申請 […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]