ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任

《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任

 かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。
 レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人から家族が恋しいとの報告があった」とし、同氏の子供や孫が生活しているサンパウロ市で連邦政府の職務ができるようシネマテカ文化財団への転任という名目で文化局長を退任した。
 レジーナ氏は1960年代から国民的な人気を得ている女優で、芸能界では珍しい保守派として知られていた。ボウソナロ氏を熱烈に支持していたことで気に入られ、1月に前任のロベルト・アルヴィム氏が解任された後、政治家未経験ながら、文化特別局長に指名されていた。
 レジーナ氏は1カ月強の試験期間を経た後、3月4日に文化特別局長に就任。だが、極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏の派閥との対立が続いた上、5月にはレジーナ氏がCNNブラジルで「ナチスでも拷問があった」との発言で軍政礼賛を行い、自ら社会的な軋轢を起こしていた。


 レジーナ氏の転任先のシネマテカ財団には現在空席がなく、どういう役職に就くのかは未定だ。
 後任の文化特別局長には俳優のマリオ・フリアス氏が就任する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで2020年5月6日 サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで  サンパウロ州サッカー協会(FPF)は4日午後、協会関係者と各チーム代表者たちによるビデオ会議を開催。その中で、練習再開日はまだ決めないことを申し合わせた。同日付現地サイトが報じた。  FPFの基本的な方針「サンパウロ州保健局の許可がない限り、各チームは練習などの活動を再開し […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案2020年4月25日 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案  新型コロナウイルスによる商戦の打撃などを考慮し、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事が、「母の日」を今年は5月から8月に延したいとする意向を示している。  母の日は5月の第2日曜日で、ブラジルでは例年、「クリスマスに次ぐ、第二の商戦日」に位置付けられている。  だが、今年は […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも2020年4月30日 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも  【既報関連】ブラジルのボウソナロ大統領は29日朝、コロナ禍の最中も営業が認められる「基幹業務」の定義を拡大する大統領令を出したと、同日付現地各サイトが報じた。  社会隔離政策として、基幹業務以外の営業停止令を発令しているサンパウロ州のドリア知事、リオ州のヴィッツェル知事など […]