ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジャイール・ボルソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「あなたの家族を守るため」とのキャッチフレーズで、「1600レアル払えば銃の申請が楽になる」と称して、宣伝を行っているという。メディアによると、すでに申し込みを行った人もいるようだが、連邦警察は「このようなサービスは知らない」との声明を出している。詐欺でないか、ご確認を。
     ◎
 軍隊出身のボルソナロ氏はすでに、次期閣僚に軍人を何人か登用しているが、それに続けとばかりに、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事も軍人起用を考えているようだ。現地紙によると、陸軍予備役大将のジョアン・カミーロ・ピーレス・デ・カンポス氏が保安局長に就任するであろうとのこと。選挙キャンペーンの頃から、「ボウソドリア」と称して自身をアピールしていただけあって、やはりボルソナロ氏の動きには敏感なのか。
     ◎
 毎年、サンパウロ市南部のインテルラゴス・サーキットで行われるF1の「ブラジルGP」が、今年も11日に開催される。チケットは公式サイトなどで販売中だが、もう既に一部の席は売り切れているのでお早めに。会場付近では交通規制もあるので注意が必要だ。なお、昨年は出場選手のスタッフの車が強盗に遭う事件も起きたため、今年は昨年以上に警備を厳戒にして開催されるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月4日 東西南北  サンパウロ市アリアンツ・パルケで2日に行われたサッカー全国選手権のパルメイラスの今季最終戦に、同チームのファンをかねてから公言しているジャイール・ボルソナロ次期大統領が姿を現した。最初は「緑のユニフォームを着て、スタンドでおとなしく見ている」だけとされていたが、試合が終わると […]
  • 《サンパウロ州》ドリア次期知事が州保安局長に退役軍人を指名=公約は「警察官」だったが2018年11月15日 《サンパウロ州》ドリア次期知事が州保安局長に退役軍人を指名=公約は「警察官」だったが  13日、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は、次期保安局長として、退役軍人のジョアン・カミロ・ピーレス・デ・カンポス氏を指名したと発表した。14日付現地紙が報じている。  サンパウロ州が保安局長に軍関係者を就任させるのは、軍政時代の1979年のエラ […]
  • 東西南北2018年9月11日 東西南北  6日に起きた大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏刺傷事件は、7日からの3連休のブラジルの話題を独占した。テレビでの政見放送の時間が8秒ときわめて短い同氏にとり、「最大の宣伝効果」と語る支持者が多い。事件直後、市場では「大統領選での同氏の勝機が高まった」として、ドルが0・95% […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]