ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「あなたの家族を守るため」とのキャッチフレーズで、「1600レアル払えば銃の申請が楽になる」と称して、宣伝を行っているという。メディアによると、すでに申し込みを行った人もいるようだが、連邦警察は「このようなサービスは知らない」との声明を出している。詐欺でないか、ご確認を。
     ◎
 軍隊出身のボウソナロ氏はすでに、次期閣僚に軍人を何人か登用しているが、それに続けとばかりに、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事も軍人起用を考えているようだ。現地紙によると、陸軍予備役大将のジョアン・カミーロ・ピーレス・デ・カンポス氏が保安局長に就任するであろうとのこと。選挙キャンペーンの頃から、「ボウソドリア」と称して自身をアピールしていただけあって、やはりボウソナロ氏の動きには敏感なのか。
     ◎
 毎年、サンパウロ市南部のインテルラゴス・サーキットで行われるF1の「ブラジルGP」が、今年も11日に開催される。チケットは公式サイトなどで販売中だが、もう既に一部の席は売り切れているのでお早めに。会場付近では交通規制もあるので注意が必要だ。なお、昨年は出場選手のスタッフの車が強盗に遭う事件も起きたため、今年は昨年以上に警備を厳戒にして開催されるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。聖州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦ながら菊 […]
  • ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘2018年11月27日 ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘  本格的な夏を前に、25~30日にネッタイシマカ(Aedes […]