ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジャイール・ボウソナロ氏が大統領に就任する際、国民の気になることの一つは「銃の自由化」の問題だ。サンパウロ市ではそれを見越してか、もうすでに、「銃所有申請」の宣伝を行っている企業が存在しているという。それは、南部サントアマーロにある「カルトーリオ・ファーシル」という会社で、「あなたの家族を守るため」とのキャッチフレーズで、「1600レアル払えば銃の申請が楽になる」と称して、宣伝を行っているという。メディアによると、すでに申し込みを行った人もいるようだが、連邦警察は「このようなサービスは知らない」との声明を出している。詐欺でないか、ご確認を。
     ◎
 軍隊出身のボウソナロ氏はすでに、次期閣僚に軍人を何人か登用しているが、それに続けとばかりに、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事も軍人起用を考えているようだ。現地紙によると、陸軍予備役大将のジョアン・カミーロ・ピーレス・デ・カンポス氏が保安局長に就任するであろうとのこと。選挙キャンペーンの頃から、「ボウソドリア」と称して自身をアピールしていただけあって、やはりボウソナロ氏の動きには敏感なのか。
     ◎
 毎年、サンパウロ市南部のインテルラゴス・サーキットで行われるF1の「ブラジルGP」が、今年も11日に開催される。チケットは公式サイトなどで販売中だが、もう既に一部の席は売り切れているのでお早めに。会場付近では交通規制もあるので注意が必要だ。なお、昨年は出場選手のスタッフの車が強盗に遭う事件も起きたため、今年は昨年以上に警備を厳戒にして開催されるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 《ブラジル》政府がロライマ州の刑務所管理を統括=検察庁長官の要請に応じる2018年11月15日 《ブラジル》政府がロライマ州の刑務所管理を統括=検察庁長官の要請に応じる  ブラジル連邦政府は13日、今年12月31日までを期限として、国内北端の州である、ロライマ州の刑務所機構管理及び、社会教育部門を連邦政府が統括するための協力協定に署名したと、13、14日付現地紙・サイトが報じた。この場合の「社会教育部門」は、違反行為を犯した未成年者の罰 […]
  • 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問2018年11月8日 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問  米州機構の人権視察団が5日から、先住民保護区やキロンボ(逃亡奴隷集落)の訪問、社会運動を行っている諸機関の代表との会見などを行っていると1、7日付現地紙サイトが報じた。  同視察団は12日まで滞在し、サンパウロ州、リオ州、バイア州、ロライマ州、マット・グロッソ・ド・ […]
  • 東西南北2017年1月21日 東西南北  20日のブラジル国内でのニュースはテオリ最高裁判事急死のニュースで持ちきりだった。とりわけ、社会的注目度の高かったオデブレヒトのデラソンが承認される直前に、悪天候での飛行機墜落死という状況を、2年半前に大統領候補だったエドゥアルド・カンポス氏が急死したことと重ね合わせ、その偶 […]
  • 東西南北2017年11月14日 東西南北  黒人や同性愛者に対する差別のニュースを耳にするのはブラジルでは日常茶飯事。12日付アゴラ紙によ ると、サンパウロ市では2016年1月~今年8月に、黒人や同性愛者、移民であることや宗教を理由に何 らかの攻撃を受けたという例が、12時間に1件のペースで起きていた。加害者の61 […]