ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領がブラジル銀行にCM削除命令=青年顧客獲得狙った内容=同様の広告変更は既に4度=25日にも多様性不寛容発言

《ブラジル》大統領がブラジル銀行にCM削除命令=青年顧客獲得狙った内容=同様の広告変更は既に4度=25日にも多様性不寛容発言

削除されたCM(25日付フォーリャ紙サイトの記事の一部)

削除されたCM(25日付フォーリャ紙サイトの記事の一部)

 ボウソナロ大統領がブラジル銀行総裁に対し、黒人や同性愛の青年俳優を使って青年層に訴えるCMの放送を止めるよう求めたことや、同行総裁がこのCMの製作を指揮したマーケティング部長を解雇したことがわかった。ボウソナロ氏はこれ以外でも、人種多様性などに関し、偏見に満ちた発言を連発している。25、26日付現地紙、サイトが報じている。

 問題のCMは今月初旬から放送されていたが、その内容は、ブラジル銀行も、インターネットやスマートフォンを使った送金など、金融サービスと情報技術を結び付けたより近代的なサービスを行っていることをアピールし、青年層を取り込もうとしたもので、黒人や同性愛者の俳優らがアプリをダウンロードする姿を映し出していた。
 このCMは14日に放送されなくなったが、その理由が、ボウソナロ大統領が同行のルベン・ノヴァエス総裁に電話をかけて止めさせるよう命令したからであったことが25日付現地紙サイトなどで明らかにされた。
 大統領はノヴァエス総裁に、このCMの製作責任者でマーケティング部長のデラーノ・ヴァレンチン氏を解雇することも要請。同氏はCM削除直後に休暇をとっている。
 なお、ノヴァエス総裁はボウソナロ氏から電話を受けるまでCMの内容を知らなかったというが、このCMは、ノヴァエス氏が就任後に言い続けている、ネットなどのテクノロジーを駆使して若い利用者を増やしていきたいとの意向に沿って作られたものだった。
 ノヴァエス総裁は1月にパウロ・ゲデス経済相の指名を受けて就任したが、かねてから左翼嫌いで知られており、今年1月には自身のフェイスブックでジウマ元大統領、ペトロブラスのグラッサ・フォステル元総裁、アルゼンチンのクリスチーナ元大統領の写真を投稿してからかう行為を行い、「女性蔑視だ」として物議を醸した。
 なお、ボウソナロ政権が「政権の方針に合わない」として広告を取り下げるのはこれで早くも4回目だ。その中には保健省が既に半年間利用していた、性転換者の出ていた広告も含まれている。
 また、ボウソナロ大統領は25日、ジャーナリストたちとの朝食会で、「ブラジルを同性愛者たちの観光目的地や同性愛者のはびこる国にしてはならない。なぜなら、この国には家族があるからだ」との発言を行っている。また、さらに続けて「自分は09年から保守の姿勢を貫いているが、それによってブラジルへの投資が落ち込んだという話はない」とも語っている。
 また、大統領は同日、教育省のイベントで農地改革と土地なし農民の定住化に関して話した際、「水や石鹸の不足(衛生管理不足)で年1千件もの男性器切断手術が行われているのは悲しむべきこと。我々は正に井戸の底にいる」とも語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》老女軟禁容疑で夫婦逮捕=20年間も奴隷労働強いる2019年6月26日 《サンパウロ州》老女軟禁容疑で夫婦逮捕=20年間も奴隷労働強いる  サンパウロ州内陸部のヴィニェード市で25日未明、約20年間も女性を軟禁状態に置き、奴隷労働をさせていた夫婦が逮捕された。  警察が容疑者らを逮捕したのは、容疑者らが残高もない口座の小切手を使い、地元商店に損害を与えていたとの通報を受けたためだ。警察によると、小切手を […]
  • 《サンパウロ市》23日に第23回ゲイパレード=街頭宣伝車19台が繰り出す2019年6月22日 《サンパウロ市》23日に第23回ゲイパレード=街頭宣伝車19台が繰り出す  サンパウロ市で23日、第23回LGBTプライド・パレードが開催される。  サンパウロ市でのゲイパレードは、1997年から毎年行われており、2006年のイベントはギネス世界記録で、世界最大規模のプライド・パレードに認定された。  パレードを主催しているのは、レズ(L […]
  • サンパウロ市=環境保護区に侵入、定着=犯罪組織による分譲が増加=橋の下の住人も増える一方2019年6月26日 サンパウロ市=環境保護区に侵入、定着=犯罪組織による分譲が増加=橋の下の住人も増える一方  サンパウロ市では昨年来、市南部を中心に、環境保護区に侵入、定着する人が増えているが、その多くは組織的な犯罪と24日付現地紙が報じた。  環境保護区への侵入が目立つのは、グアラピランガ湖やビリングス湖の周辺部だ。これらの貯水池は、サンパウロ市や隣接する市の住民500万 […]
  • 下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑2019年6月19日 下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑  リオ市警が18日、16日未明にニテロイ市で起きたアンデルソン・ド・カルモ・デ・ソウザ氏殺害事件に関連し、ソウザ氏の実子のフラヴィオ・ドス・サントス・ロドリゲス容疑者(38)と養子のルーカス・ドス・サントス容疑者(18)の携帯電話の情報へのアクセス許可を要請した。   […]
  • リオ州=マリカ市でジャーナリスト殺害=1カ月の間に2人目の犠牲者2019年6月20日 リオ州=マリカ市でジャーナリスト殺害=1カ月の間に2人目の犠牲者  リオ市近郊のマリカ市アラサチバ区で18日夜、地元のニュース・サイト、レイ・セッカ・マリカ(LSM)の創始者でジャーナリストのロマリオ・ダ・シウヴァ・バロス氏(31)が射殺される事件が起きた。  目撃証言によると、襲撃当時、バロス氏は車の中にいたが、銃弾3発を浴びて死 […]