ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》年末に向けた一時雇用増加=2割増の上、本採用の可能性も

《サンパウロ州》年末に向けた一時雇用増加=2割増の上、本採用の可能性も

一時採用者が増えており、本採用の期待も高まっていると報じる11日付G1サイトの記事の一部

 サンパウロ州の大型小売店などが年末に向けた各種商戦のため、一時雇用者を求めており、正式採用となる可能性も例年より高いと11日付G1サイトなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年12月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月19日  17日未明、パラナー州と南マット・グロッソ州の国道で二つの自動車事故があり、合計17人が死亡した。パラナー州ではチジュッカ・ド・ソルの国道376号線で長距離バスが脱線して、橋の下15メートルの湖に落下し、6人が死亡、33人が重軽傷を負った […]
  • 大耳小耳2019年8月8日 大耳小耳  おきなわ祭りに出展したうりずん会は、元留学生による手作り雑貨の販売や、粘土を使ったシーサー作りなどのワークショップを開催していた。照屋美雪会長によれば「販売売上の一部はこのワークショプの経費に充てている。それで無料で提供できている」と説明。そのワークショップでは、うりずん会関 […]
  • ガソリンスタンド 11カ所に閉鎖命令=アルコール多量混入 サンパウロ市2003年6月27日 ガソリンスタンド 11カ所に閉鎖命令=アルコール多量混入 サンパウロ市 6月27日(金)  【アゴーラ紙二十六日】サンパウロ市で二十五日、石油庁(ANP)がガソリンスタンド立入検査を実行し、十一カ所が閉鎖された。 […]
  • コラム オーリャ!2009年6月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年6月19日付け  シャムの轍を踏むなかれ―とコロニアの将来を危惧する言葉を移民一世からときおり聞く。十五世紀にシャム国(タイ)に渡った山田長政の故事を引いているのだが―。 […]
  • 『ブラジル日系文学』 50号2015年8月18日 『ブラジル日系文学』 50号  『ブラジル日系文学』第50号が刊行された。 50号記念短編特集「十字架のある風景」には「月光のうさぎ」(山野優花)、「消えたお見合い」(鎌谷あきら)等、10本を掲載。「わがふるさとの歌②」(オダ・テルコ)、「文学散歩⑨ 藤村の中山道を歩く」(柴門明子)、「にほんじん(終) […]