ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》スーパー所有の「自由の女神」の虚像に敬礼=ブラジルの極右市民の“奇妙”な抗議行動

《ブラジル》スーパー所有の「自由の女神」の虚像に敬礼=ブラジルの極右市民の“奇妙”な抗議行動

自由の女神の虚像に敬礼する極右市民たち(ツイッターより)

 17日、ブラジル国内で、最高裁のジウマール・メンデス判事への抗議デモが行われた。全国的に決して大きな成功とはいえなかったこのデモの中で、サンパウロ州内陸部の極右市民が行ったデモは、その特異な行動で注目を集めた。
 場所はサンパウロ州アラサトゥーバ。同市でのデモは数10人が集まった程度のものだったが、彼らがそのときとった行動は、この日のデモでもっとも話題となった。
 デモの本部はスーパーマーケット「アヴァン」の前に置かれていた。このスーパーは、ボルソナロ大統領の最大のサポーターのひとりである、企業家のルシアノ・ハング氏が経営している。
 スーパーの店舗の隣には高さ10メートルほどの「自由の女神」を置いてある。これは、熱心な新米派のハング氏の思いを反映したものだ。
 この日のデモに参加した人たちは、サッカーのセレソン(代表チーム)のユニフォームなどで身を包み、陸軍歌に合わせて行進した後、偽物の自由の女神像に向かって敬礼を行って、愛国心を誓っていた。
 この様子を映した映像はインスタグラムにあげられると、すぐに拡散され、報道もされたが、ヴェージャ誌の見出しは「奇妙な行動」との言葉ではじまるなど、その行動は各方面で奇妙がられたようだ。(17日付メトロポレス・サイト、18日付Veja誌電子版など)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]