ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》元妻を1回も刺して殺す=死んだと知らされ泣きじゃくる?

《サンパウロ州》元妻を1回も刺して殺す=死んだと知らされ泣きじゃくる?

 サンパウロ州海岸部のイタニャエン市で、8月31日朝、45歳の男性が35歳の元妻を口論の末、刺し殺すという事件が起きた。

 現場から逃走したが、現行犯として逮捕されたクラウディオノル・クレメンテ・ダ・シウヴァ容疑者は、殺されたアンドレイア・ダ・シウヴァさんと別れたばかりで、アンドレイアさんともう1度話し合おうと、彼女の姉妹が住むグアプラ区のアパートに向かった。

 シウヴァ容疑者が酔っているのに気がついたアンドレイアさんは、外に出るように求めたが、シウヴァ容疑者は言う事を聞かず、口論となった後、台所に行ってナイフを掴むと、アンドレイアさんに襲いかかった。

 驚いたアンドレイアさんは廊下に走り出たが、階段で捕まり、少なくとも11回刺された。アンドレイアさんはアパートの住民らが呼んだ救急車で病院に運ばれたが、助からなかった。

 一方、シウヴァ容疑者は事件直後、ナイフを芝生に投げ捨てて逃走。アンドレイアさんを刺した際、自分も手にケガをしたため、見知らぬ人に頼んで車に乗せてもらい、自宅まで戻ったが、その後はマングローブの林に隠れたという。

 だが、その様子を見ていた隣人が警察に通報したため、現行犯として逮捕された。

 担当の警部によると、シウヴァ容疑者は、アンドレイアさんを刺した事は認めたが、ケガをさせただけだと思い込んでおり、死んだと聞いた途端に泣きじゃくり始めたという。同容疑者は、見知らぬ人に乗せてもらったと供述したが、ケガをして血を流している人物を乗せた位だから、乗せてくれたのは顔見知りだったに違いないと見ている。(8月31日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]