ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》米国からの強制送還者到着=第8便の42人ミナス州に

《ブラジル》米国からの強制送還者到着=第8便の42人ミナス州に

コンフィンスの空港に到着した強制送還者達(9日付G1サイトの記事の一部)

 ミナス州コンフィンス市のベロ・オリゾンテ国際空港に9日午後、米国から強制送還されたブラジル人を乗せた飛行機が到着した。
 今回の便は、昨年10月に始まった、飛行機による強制送還第8便で、42人が送り返された。6日の第7便では55人が送り返されており、昨年10月以降の強制送還者の合計は、約550人となっている。
 米国から強制送還されるブラジル人は、トランプ大統領による移民政策変更と、ボルソナロ政権が米国の対応を認めた事で増加傾向にある。
 6日に帰国したブラジル人達によると、子供がいる3家族以外は、搭乗前24時間と飛行機中はずっと、手と足に手錠をかけられた状態だったという。また、不法入国者として逮捕された後は空腹や寒さに悩まされ続けたという人が多く、到着後に提供された軽食で一息ついた人が多かった。
 ブラジルは、連邦議会がブラジル人の強制送還に関する議会調査委員会が開設された後の2006年に、諸外国に対し、不法入国者であっても、チャーター機による強制送還は認めないとの通達を出していたが、この通達は完全に無視された形となってしまった。
 ブラジルがチャーター機による、大量の強制送還を認めない事を決めたのは、該当国で生まれた子供がいる場合や家庭生活や仕事を確立している人などについて、強制送還措置を個別に分析し、必要なら覆したり出来るようにとの判断だったのだが、ボルソナロ政権は米国からの要請を受け入れ、国籍を記した紙1枚を持たせるだけで、大量に強制送還出来るようにしてしまった。チャーター機で帰国させれば、パスポートなどの書類の不備を追求される事もなく、航空会社による搭乗拒否も起きないからだ。
 不法入国で逮捕されたブラジル人の数は、トランプ政権になってから急激に増えている。2018年10月~19年9月の逮捕者は1万7900人で、2017年10月~18年9月の1500人の約12倍だ。様々な国籍の人を総合すると、2019年に米国への不法入国を試みて逮捕された人はおよそ85万人に上ったという。(6、9日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]