ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ

《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ

国土が広大なブラジルでは、電力を隅々まで供給するだけでもかかる手間が他の国とは比較にならない(参考画像・Beth Santos / Secretaria-Geral da PR)

国土が広大なブラジルでは、電力を隅々まで供給するだけでもかかる手間が他の国とは比較にならない(参考画像・Beth Santos / Secretaria-Geral da PR)

 8月30日、エレトロブラス社所有の、ブラジル北部配電会社3社の経営権公開入札が行なわれ、エネルジサ社が2社、オリヴェイラ・エネルジア社が1社落札したと8月30、31日付現地紙・ニュースサイトが報じた。連邦政府が過半数の株を所有する公社的組織エレトロブラスの経営効率を上げるため、一部を民間に払い下げる試みの一環だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ