ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》恋人たちの日のツアーバス襲った悲劇=横転事故で10人が死亡

《サンパウロ州》恋人たちの日のツアーバス襲った悲劇=横転事故で10人が死亡

事故の様子を伝えるブラジルのニュースサイト(10日付けR7より)

事故の様子を伝えるブラジルのニュースサイト(10日付けR7より)

 サンパウロ州内陸部で9日夜、ツアーバスの横転事故が発生し、乗用車5台とバイク1台に激突。合わせて、10人の死者と51人の負傷者が出た。
 死者の内訳は、女性5人、男性3人、子供2人で、事故現場は、サンパウロ州の冬の観光地カンポス・ド・ジョルダンから伸びる幹線道路(州道23号線)の、ピンダモニャンガーバ市付近だった。
 事故の原因は調査中だが、生き延びたバスの乗客の1人は、「バスは制御を失っていたようだ」と語っている。
 ブラジルでは6月12日が恋人たちの日で、サンパウロ州南部海岸の人たちを募ったツアーは、恋人たちの日直前の週末をカンポス・ド・ジョルダンで楽しむというもので、バスは帰りの路についたところだった。
 また、死者10人の内、最初に遺族によって身元が確認されたのは、ツアー客のヤーコ・マンジェさん(25)だ。死者の大半はツアー客だったが、バスの運転手と、横転したバスに激突された車に乗っていた33歳の男性と4歳の娘も、死亡した。
 地元消防は9日の午後9時半ごろ、通報を受けて出動した。現場は州道からサントアントニオ・ピニャール市方面に抜ける道につながる立体交差点を抜けてすぐのトンネル付近だった。
 目撃証言によると、制御を失い、ブレーキもきいていなかったと思われるバスは、横転し、5台の車と1台のバイクに追突した。
 道路は事故直後から通行止めになり、10日の午前6時ごろに通行解除となった。
 30人以上の乗客を乗せて事故を起こしたバスの所有会社は、サンパウロ州沿岸部、プライヤ・グランデ市のブラジル・サンターナ(BS)社だ。同社は事故を悼み、犠牲者の遺族への援助を表明する声明を出した。
 プライヤ・グランデ市当局は、BS社は正規の許可を受けているとし、また、BS社も、事故を起こした車両の検査は最近行われていたとしている。(10日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》サソリ殺しに使用制限付農薬=州内陸部では普通に買える?2019年6月13日 《サンパウロ州》サソリ殺しに使用制限付農薬=州内陸部では普通に買える?  サソリの被害が集中しているサンパウロ州内陸部で、使用制限が設けられている強力な農薬が、サソリを殺すための薬として、普通に売買されているという。  問題の農薬は、ノミ、ゴキブリ、アリ、シロアリなどの害虫駆除に用いる、フィプロニルという成分を含む製品だ。  フィプロニ […]
  • 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ2019年6月6日 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ  応用経済調査院(IPEA)とブラジル治安フォーラムが5日、17年の殺人事件の犠牲者は6万5602人、人口10万人あたり31・6人で、史上最悪の記録となったと発表したと5日付現地紙サイトが報じた。  この数字は保健省の統計資料を基に集計されており、13年~17年の死者 […]
  • 《ブラジル》疑問や批判噴出の法案提出=全体が見えない政権反映?2019年6月7日 《ブラジル》疑問や批判噴出の法案提出=全体が見えない政権反映?  【既報関連】ボウソナロ大統領が4日に下院に持ち込んだ道路交通法改正案に、様々な疑問や批判が出ていると6日付現地紙が報じている。  免停となる違反点数を20点から40点に引き上げる項目は、諸外国の例から「時代に逆行」との批判が出ている。  また、免許所持者数全国一の […]
  • 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族2019年6月4日 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族  【既報関連】5月22日にチリのアパートで死亡したブラジル人の家族6人の遺体が3日朝、サンチアゴを出立した。6人の葬儀と埋葬は、4日にサンタカタリーナ州フロリアノポリス大都市圏のビグアス市で執り行われる。  遺体での帰国となったのは、ファビアノ・デ・ソウザ氏(41)、 […]
  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]