ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選世論調査=ボウソナロが依然1位=ただし拒絶率も断トツ=決選投票では後続に惨敗=注目されるルーラ票の行方

《ブラジル》大統領選世論調査=ボウソナロが依然1位=ただし拒絶率も断トツ=決選投票では後続に惨敗=注目されるルーラ票の行方

ボウソナロ氏が講演会でルーラ氏の人形を蹴ったことを報じる6日付フォーリャ紙

ボウソナロ氏が講演会でルーラ氏の人形を蹴ったことを報じる6日付フォーリャ紙

 ブラジル世論調査・統計機関(イボッピ)が5日、ルーラ元大統領の出馬資格停止後初の大統領選の世論調査の結果を発表した。首位はジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)だったが、拒絶率が支持率の倍に達し、決選投票では3人の候補に敗退、ルーラ氏の代替候補予定のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)とも引き分ける結果となった。6日付エスタード紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ