ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■田中慎二

■訃報■田中慎二

 イラストレーター、画家、コロニア史研究家の田中慎二さんが7日午後4時、聖州立ガン医療センター(ICEUP)で多臓器不全のために亡くなった。享年83。今年初めにすい臓ガンが見つかり手術をしていたが、感染症を併発して急死した。初七日は16日(日)午前10時15分からパロキア・サンフランシスコ・デ・アシス(Rua Borges Lagoa, 1209 Vila Clmementino)で行なう予定。
 田中さんは1935年1月に福岡県博多市で生まれ、多摩美術学校図案科入学するも2年で中退。兄に誘われて55年にボリビアのサンファンへ移住、文化人類学者で東京大学東洋文化研究所の泉靖一教授が自宅にたまたま泊まり、パウリスタ新聞を紹介され、60年に出聖入社した。
 その後『農業と共同』誌で宮尾進編集長の下で10年ほど記者を務め、週刊『コチア新聞』でも各地の単協デポジット(流通倉庫)探訪記事を発表した。サンパウロ移民史料館開設時には、館内のイラスト類も担当。
 『文協40年史』『同50年史』『援協40年史』『半田知雄―その生涯』に加え、長野県人会や兵庫県人会の記念誌などの多数の出版物の執筆編集に携わってきた。2016年には30年間の資料収集の集大成『ブラジル日系美術史』、翌17年には初めての自作文画集『アンデスの風』を刊行していた。
 画家として個展は文協貴賓室1回、デコ画廊2回に加え、サンパウロ美術館(MASP)友の会スペース3回、英国協会、米国協会で開催するなど、一般社会向けにも広く開催し、幅広い活躍をしてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■赤間学院名誉会長 赤間アントニオ2014年5月29日 ■訃報■赤間学院名誉会長 赤間アントニオ  赤間学院名誉会長の赤間アントニオ晃平さんが27日午後5時に聖市ジャバクアラ区のサンルイス病院で急性呼吸不全により亡くなった。享年84。28日にサンパウロ墓地で葬儀が行われ、埋葬された。ミサは6月2日午後6時からサンフランシスコ・デ・アシス教会(Rua Borges […]
  • 酒井清一さん=初七日法要2016年2月16日 酒井清一さん=初七日法要  9日に逝去したサンパウロ日伯援護協会元会長で、ピラチニンガ文化体育協会の現役会長だった酒井清一さんの初七日法要が、18日午後7時半から聖市のサンフランシスコ・デ・アシス教会(Rua Borges Lagoa, 1209, Vila […]
  • 内海博さん、初七日法要2014年4月11日 内海博さん、初七日法要 ニッケイ新聞 2014年4月11日 6日に逝去した元アナウンサーの内海博さんの初七日法要が、12日午後3時からサンフランシスコ・デ・アシス教会(Rua Borges Lagoa, 1209, Vila […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]