ホーム | 日系社会ニュース | 5県人会が記念式典を開催=北海道、青森、長野、和歌山、宮崎=県知事ら慶祝団の来伯に期待

5県人会が記念式典を開催=北海道、青森、長野、和歌山、宮崎=県知事ら慶祝団の来伯に期待

式典開催予定の5県人会

式典開催予定の5県人会

 2019年に入り、各県人会の周年行事の予定が徐々に固まりつつある。今年は北海道、青森県、長野県、福井県、和歌山県、宮崎県の6県が創立記念の節目を迎える。うち、福井県以外の各県人会は式典を行う予定。11県が記念式典を開催した昨年より落ち着いた年にはなるが、関係者には今年も忙しい8月~11月になりそうだ。記念誌を作成する県人会もあり、母県との連絡を密にして念入りに準備を進めている。

 北海道協会(大沼宣信会長)は、「移住100周年、創立80周年記念式典」を8月24日に同会館で執り行う予定。同会は昨年から北海道の安平町を訪問し、移住100周年記念式典で2009年と同様に大型雪だるまを送ってもらいジャパン・ハウスで展示する企画を進めていた。
 しかし、同地を震度6強の地震による土砂崩れが襲った。急きょ「北海道安平町震災支援イベント」を行って義捐金を送るなど、母県との絆の強さを見せ付けつつも、大きな被害があっただけに、母県からの慶祝団は現在調整中だ。今後の総会などで随時明らかにされていく予定だ。
 青森県人会(名和幸子会長)は「創立65周年記念式典」を同会館で行う予定だ。日程は未定だが、通常は創立月の10月に記念式典を行っている。名和会長は「やるか迷っていたが、やらないと県人会のつながりも薄くなってしまう」と説明。式典を通じて会員の結束力を高める目的で開催を決定し、日本からの慶祝団は調整中だ。
 長野県人会(赤羽ロベルト昇会長)は、「創立60周年記念式典」を11月10日に開催する。場所や詳細はまだ決まっていないが、阿部守一県知事には話をしており、来伯を期待している。1月12日から早速会議が行われ、同式典についても話し合う予定だ。
 和歌山県人会(谷口ジョゼ眞一郎会長)は、「創立65周年記念式典」を9月22日に宮城県人会会館で執り行う。谷口会長によれば「県知事の来伯は難しいかもしれないが、他の慶祝団の人は調整中だ」と話す。また、記念事業として記念誌の作成を進めており、同式典で発刊式を行う。同誌は来場者に配布していく考えだ。
 宮崎県人会(竹下達也会長)は「創立70周年記念式典」を8月25日に電気工組合ホール開催する。同県人会は、14年の「創立65周年記念式典」では副知事ら74人の慶祝団が来伯している。相談役の高橋久子氏によれば、今回は河野俊嗣知事や県庁を招待しており、来伯を熱望しているという。同県人会では昨年から話し合いを進めており、今後詳細を詰めていく。


□関連コラム□大耳小耳

 「65周年の式典開催予定はない」とコメントした福井県人会。「式典を開催することで会員の刷新と団結の機会にしている」とはよく聞く話。逆にいえば式典ができなくなれば、活動が停滞している証拠。福井県人会にも「なぜ開催しないのか」と尋ねてみると、同県人会は元々、10年周期で記念式典を執り行っているそう。確かに、55周年に当たる2009年には式典は開催されていないが、60周年に当たる2014年には記念式典が行われていた。また、同県人会は「海外技術研修員留学生制度」の記念式典も開催しているが、それも2010年に30周年を開催し、来年が40周年。福井県人会は十分、定期的に会員が集まる機会が設けられているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JH=大樋氏、陶芸の真髄語る=第11代目、350年の伝統=感激、抱きつくブラジル人も2019年2月2日 JH=大樋氏、陶芸の真髄語る=第11代目、350年の伝統=感激、抱きつくブラジル人も  石川県金沢市で350年以上の歴史と伝統を持つ「大樋焼き」。2016年にその十一代目を襲名した大樋長左衛門氏が、24日から28日までブラジルに滞在した。大樋氏は日本国外務省の要請を受け、19日から23日まで米国に滞在後に来伯。27日には聖市のジャパン・ハウス(JH)で講 […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」を聖市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当が振舞わ […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か2019年1月11日 平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か  来月6日、平野運平没後百年を迎えるに際して、サンパウロ市カンブシ区エスタード大通沿いに位置する平野運平広場に設置され、盗難に遭っていた平野運平の胸像を再贈呈しようとの計画が平野農村文化体育協会(山下薫ファビオ会長)で持ち上がっている。昨年7月に眞子内親王殿下をお迎えし […]
  • 南青協総会=ピラルクー料理に舌鼓み=神代組2人参加、旧交温め2019年1月22日 南青協総会=ピラルクー料理に舌鼓み=神代組2人参加、旧交温め  南米産業開発青年隊協会(南青協、渡邉進会長)の「2019年度定期総会・新年会」が19日午前11時、サンパウロ市の山形県人会館で開催され、夫人同伴で約30人が参加した。  会場の上座には創立者の長澤亮太氏の遺影が置かれ、鈴木源治さんの司会で、先だった数々の同志に1分間 […]