ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》フラ・フィラ=部分操業から20年後も未完成=巨額を投じた巨大プロジェクトも

《サンパウロ市》フラ・フィラ=部分操業から20年後も未完成=巨額を投じた巨大プロジェクトも

 セウソ・ピッタ市長時代に「超高速バス到来」との派手な宣伝で話題となったサンパウロ市の巨額プロジェクト、通称「フラ・フィラ」が、1998年の第1区操業から丸20年を経ても未完成のまま、別のものとなったと、12日付現地紙が報じている。
 「フラ・フィラ」は1996年のサンパウロ市市長選で打ち出された企画で、ピッタ氏がキャンペーン時に導入した「鳥だ、飛行機だ、フラ・フィラだ」のキャッチフレーズで有名になった。市中央部のドン・ペドロ2世公園(バスターミナル)から、ひとつは南東部サコマン、もうひとつは極東部のシダーデ・チラデンテスまでを結ぶ全長31・8キロになるものとされていた。
 1998年には、試験操業のためのコース建設がはじまり、サコマンまでとヴィラ・プルデンテまでの2・8キロの試験操業が行われた。
 だが、1999年からは工事がどんどん遅れ、そのまま長期間、放置された状態になった。
 「フラ・フィラ」は2006年に当時のジルベルト・カサビ市長が完成に意欲を見せた。2007年には完成部分の名称を「チラデンテス急行」に変更し、第1区間の見の営業操業もはじめた。
 だが、2009年に、ヴィラ・プルデンテ駅からはモノレール線15号線を走らせることに方向転換。総額120億レアル、1日平均30万人の乗客を見込んでいた大型プロジェクトは頓挫した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]
  • 東西南北2018年11月8日 東西南北  6日、米国で中間選挙が行われ、上院は共和党が過半数を保ったが、下院は民主党が8年ぶりに過半数を獲得した。今回の選挙は、トランプ大統領がボウソナロ氏と比較されることが多い人であるがゆえ、ブラジル在住者としても気になるところ。そこまで「変革」を感じさせるものでもなかったが、これま […]
  • 《ブラジル》カサビ氏の自宅から現金約30万レ=ドリア・サンパウロ州政府入り目前に2018年12月21日 《ブラジル》カサビ氏の自宅から現金約30万レ=ドリア・サンパウロ州政府入り目前に  現科学技術相で、来月からはジョアン・ドリア新知事の下でサンパウロ州政府局長就任が決まっているジルベルト・カサビ氏(社会民主党・PSD)の自宅アパートが19日に家宅捜索を受け、連邦警察が現金30万レアルを押収した。20日付現地紙が報じている。  今回の捜査は食品大手JBS社の […]
  • 《サンパウロ州》カサビ元サンパウロ市市長がドリア次期サンパウロ州知事政権へ=収賄容疑で被告の身ながら2018年11月7日 《サンパウロ州》カサビ元サンパウロ市市長がドリア次期サンパウロ州知事政権へ=収賄容疑で被告の身ながら  ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は5日、元サンパウロ市市長で現在、収賄容疑で被告となっているジウベルト・カサビ氏(社会民主党・PSD)をサンパウロ州政府の文民局長に迎えると発表した。6日付現地紙が報じている。  2006~12年にサンパウロ市市長 […]
  • テメル=マルタ/マタラゾの影に思惑=セーラがPMDBから大統領選?=カサビとも聖州知事選で策略=二大政党時代に終止符か2016年7月29日 テメル=マルタ/マタラゾの影に思惑=セーラがPMDBから大統領選?=カサビとも聖州知事選で策略=二大政党時代に終止符か  聖市市長選で、マルタ・スプリシー氏(民主運動党・PMDB)の副候補にアンドレア・マタラゾ氏(社会民主党・PSD)を据えたことは、ミシェル・テメル大統領代行(PMDB)の18年の選挙を見通した策略と、28日付フォーリャ紙が報じている。 マルタ氏とマタラゾ氏が各々、労働者党(PT […]