ホーム | 日系社会ニュース | 「もっと青しそ使って!」=生産者の瀬尾さん呼びかけ

「もっと青しそ使って!」=生産者の瀬尾さん呼びかけ

青しそ

青しそ

 聖南西地区のイビウナ市で青しそを生産し、サンパウロ市などで販売している瀬尾正弘さん(84、徳島県)が、「もっと一般家庭や日本食レストランで青しそを使ってほしい。ぜひブラジルらしい使い方も開発して」と呼びかけている。
 ソバの薬味、天ぷら、手巻き、和食料理の添え物などに欠かせない香り抜群の青しそ。かつて、本格的に青しそを作る農家がいなかったため、20年前から生産を始めた瀬尾さん。
 「世の中は不景気だが、不思議なことに毎年2割増しの勢いで消費が増えている。多分、日本食ブームに乗っているのでは。今20軒ほどの日本食レストランに下ろしているが、まだ使っていないところがたくさん。血液の循環が良くなるし、ビタミンやカルシウム、鉄分が豊富な食材。もっとブラジル人にも消費してほしい」と語る。
 リベルダーデ区ガルボン街のカザ・ブエノ、エスツダンテス街のタジマヤなどで販売中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ワールド寿司杯=日系女性が4位に初入賞!=寿司職人の世界一決定戦で=決勝の20人中8人がブラジル国籍2018年9月19日 ワールド寿司杯=日系女性が4位に初入賞!=寿司職人の世界一決定戦で=決勝の20人中8人がブラジル国籍  世界各国の外国人寿司職人が腕を競い合う、世界一決定戦「ワールド寿司カップ」が先月23、24の両日に東京都内で開催され、女性としては初めてサンパウロ州イタペチニンガ出身の斉藤森サンドラさん(41)が4位に入賞したと、G1サイト14日付けが報じている。今大会には、世界14 […]
  • 日本文化の継承・普及の戦略立案を=《上》2017年12月12日 日本文化の継承・普及の戦略立案を=《上》  「どうしたら日本文化の継承・普及がブラジルで進むか」――。来年、日本移民110周年を迎える機会に、その戦略を考え直すべきだと常々考えている。戦前から日本語教育が唯一にして最大の継承・普及方法だった。  80年代から日系社会内ではカラオケが爆発的に広まり、一般社会では […]
  • 《ブラジル》賑やかに入植55周年と収穫祭=グァタパラ移住地、節目祝う日本食人気でブラジル人観光客増加2017年7月26日 《ブラジル》賑やかに入植55周年と収穫祭=グァタパラ移住地、節目祝う日本食人気でブラジル人観光客増加  サンパウロ州北部リベイロン・プレット市近郊にあるグァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は16、17の両日、同文協敷地内で「移住地入植55周年祭」と「収穫祭」を開催した。ステージでの演目や食べ物・雑貨などの出店が並び、周辺地域の住民や観光客など多くの来場者で賑わった […]
  • 大耳小耳2016年5月10日 大耳小耳  時おり「自分史を作りたい」といって来社する人がいる。渡伯してから今までの人生を子孫に読ませるためだ。日ポ両語の本にすることで、若い世代でも読める本になる。子孫からすれば、なぜ自分がブラジルで生まれたのか、先祖はどのように生き抜いたのかが分かる貴重な資料。それを読むことで自分の […]
  • ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選2015年12月19日 ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選 サンパウロ  鈴木文子 大西日こもる熱気の窓を開け 【夏の西日は日中よりも我慢出来ない位の厳しさである。そんな西日から守るために日本では簾を下ろしたり、日除けを廻らせたり又、客を待って打ち水をしたりする。  この句は大西日を受けて、熱気の篭った部屋の窓を、ようやく日の落ち […]