ホーム | 日系社会ニュース | 福祉団体生き残りの道探る=援協が第1回福祉フォーラム

福祉団体生き残りの道探る=援協が第1回福祉フォーラム

チラシ

チラシ

 「日系社会は大きな分岐点に差し掛かっている。経営赤字に悩まされる日系福祉団体が泥沼にはまって足が抜けなくなる前に、将来を真剣に考える機会に」――サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)主催で「第1回日系社会福祉団体フォーラム」が10月19日午前9時から、援協ビル(Rua Fagundes, 121)5階神内ホールで開催される。参加要申込み。
 日系社会で高齢化が急速に進み、介護経費の増大や経済不況の煽りを受けて、難しい舵取りを迫られている日系福祉団体。今年3月には、所有地を切り売りして運営してきた救済会の憩の園がついに経営に行き詰まり、経営再建特別委員会を立ち上げるなど、過渡期を迎えている。
 一見、健全な財政運営を行うかに見える援協も例外ではない。傘下福祉施設では毎月約50万レもの赤字が計上されており、日伯友好病院の黒字で全てを補填している状況だ。頻度の高い法令変更のなか、病院経営を一歩間違えれば、共倒れにもなりかねない。
 そんな危機意識から、与儀会長による発案で今フォーラムは開催される。「日本移民とその子孫の高齢化問題について」を議題とし、各団体共通の課題を取上げ、意見交換が行われる。そのほか有識者による講演も行われ、11時20分からは総括として討論会が実施される。
 案内のため来社した園田昭憲副会長は「今行動を開始しなければ、5、10年後には立ち行かなくなる。まずは皆が一堂に会し、認識を共有するのが第一歩だ」と参加を呼びかけた。
 申込みは、援協(11・3274・6518)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成2021年1月16日 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成  昨年12月17日にサンパウロ日伯援護協会(当時・与儀昭雄会長)は聖市リベルダーデ区の本部ビルで12月の定例役員会を開催した。与儀会長は冒頭挨拶で「長い4年間一緒に頑張って下さり有難う御座います」と感謝を述べ、税田清七新会長へ後事を託した。  与儀会長は、エドゥアルド […]
  • 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」2021年1月14日 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」  日系5団体による新年会が8日午後7時からオンラインで開催された。司会の上原テリオさんは「右足から素晴らしい新年を始めましょう」、中里クラウジアさんは「昨年は沢山のことを学んだ。良い新年を迎えましょう」と呼びかけた。第1部では式典、第2部では文化紹介を行った。当日は山田 […]
  • 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から2021年1月13日 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から  サンパウロ日伯援護協会(当時は与儀昭雄会長)の旧年最後の定例役員会が12月17日に開かれ、評議員をつとめながら資金や物資、アパートの寄付などを長年行ってきた内村俊一さん(熊本県出身、85)に感謝状が授与された。  同定例役員会の寄付報告では11月だけでも福祉部・サン […]
  • 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など2021年1月9日 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など  昨年12月22日、日系福祉4団体(こどものその、憩の園、希望の家、援協)共催による慈善リッファの賞品譲渡式が援協本部ビル5階で開かれた。  例年、4団体で慈善ディナーショーを開催していたが、本年はコロナ禍の影響でリッファのみだった。1等にはコンパクトカーのフィアット […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]