ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人がポルトガルで妊娠中絶=年間400人前後が実施

ブラジル人がポルトガルで妊娠中絶=年間400人前後が実施

 中絶を合法的に行うために、海を渡ってポルトガルへ行くブラジル人女性が目立っていると、20日付現地紙が報じている。
 ポルトガル保健省が最近発表したデータによると、中絶が合法化されている同国では、2016年に1万5400人の中絶を記録したが、そのうちの379人は、ブラジルから来た観光客によるものだったという。
 また、この数はこの年が最高だったわけではなく、少なくとも14年には426人、15年には441人を記録していたという。中絶者を国籍別に集計するようになったのは14年からだ。
 ポルトガルでは2007年に、妊娠10週までの中絶が合法化された。中絶が可能な対象は同国民だけでなく、外国人や観光客であっても、許可申請もなく受けられる。
 外国人が中絶する場合の費用は様々で、同国在住の外国人女性が公立病院で中絶を行う場合の費用は無料だ。観光客の場合は経費がかかるが、私立病院でも、薬を使った中絶の場合は500ユーロ(2410レアル)、全身麻酔をかけて中絶手術を行う場合も570レアル(2750レアル)で済むという。
 また、中絶手術も安全で、2011年以降、手術の失敗による死者は記録されていない。私立病院で中絶する人の大半は手術を希望するが、公立病院で中絶する人は薬を使うという。同国での中絶処置の70%は手術を伴わない形で行われているという。
 ブラジルの場合、「胎児が無能症」「出産をすることが母親の体に生命の危機をもたらしうる場合」「強姦による妊娠が確認されるとき」の三つの場合に限り、妊娠中絶が認められる。最高裁では、妊娠12週間までの中絶を合法化するか否かの議論が行われているが、いつになったら結審にいたるのは不明。そうした法的な事情が、ポルトガルで合法的に中絶するという選択につながっているようだ。
 また、ポルトガルでも、2007年に中絶が合法化されるまでは、スペインまで行って合法中絶をする女性が多かったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で2019年2月22日 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で  保健省は20日、伯国で最大規模の豪華客船「MSCシーヴュー」を利用予定客に対して、サランポ(麻疹)の予防接種を義務付けることを発表した、21日付け現地紙が報じている。  MSCシーヴューは、テレビCMでもおなじみの豪華客船の代表的な存在。だが、ここ最近で計13件ものサランポ […]
  • 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発2019年2月20日 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発  ブラジル人ジャーナリストのウェリントン・マセド氏がセアラー州ソブラル市の市立学校から、精神的苦痛を受けたとして立て続けに59件も告訴されていると16日付地元紙が報じた。  マセド氏は“悪の教育”と題した取材映像を動画配信サイトYouTubeに配信。そこではソブラル市と、その […]
  • ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品2019年2月21日 ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品  17日まで行なわれたベルリン映画祭に出展したことで、ブラジル映画「マリゲーラ」が話題を呼んだが、軍政時代の左翼ゲリラのリーダーを描いたこの映画を巡り、右翼のブラジル国民が酷評攻勢をかけて、アメリカの大手映画サイトを混乱させる事態に陥った。  この作品は、国際的知名度も高いブ […]
  • リオ=出会い系サービスで暴行被害=顔分からないほど女性殴打2019年2月20日 リオ=出会い系サービスで暴行被害=顔分からないほど女性殴打  リオ市西部バーラ・ダ・チジュッカ地区で16日の夜から17日未明にかけて、会社経営者のエライネ・カパロス氏(55)が、インターネットの“出会い系サービス”で知り合った弁護士のヴィニシウス・バチスタ・セーラ容疑者(27)に4時間に渡って激しく殴打される事件が起こったと、18、19 […]
  • リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死2019年2月20日 リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死  14日にリオで起きたスーパーマーケットの警備員による青年殺害で、警察が殺人罪を適用する可能性があると19日付現地紙が報じている。  14日、リオ市内のバーラ・ダ・チジュッカ区のスーパー「エストラ」で、ペドロ・エンリケ・ゴンザーガさん(19)が、別の警備員の銃を奪おうとしたと […]