ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》1日平均31人が自殺=発生率は16・8%上昇

《ブラジル》1日平均31人が自殺=発生率は16・8%上昇

 ブラジル保健省が20日、2016年の自殺発生率は2007年より16・8%上昇したと発表したと20、21日付現地紙、サイトが報じた。
 16年のデータは現時点での最新データで、自殺者は1万1433人、自殺発生率は10万人あたり5・8人と報告された。07年は10万人あたり4・9人だった。
 同省によると、16年の自殺者は1日平均31人になるが、20%の死者は死因の記載がなく、実際の人数はもっと大きい可能性があるという。
 自殺者は圧倒的に男性が多く、10万人につき9・2人が自殺。10年前より28%増えた。
 女性は10万人につき2・4人だったが、自殺未遂は女性の方が多い。自殺未遂を起こした女性の多くは家計の中心で、自分の死後に家族に与える影響の大きさを考えたりして思い止まったと見られている。
 自殺または自殺未遂の原因に関しては詳細な調査が必要だが、自殺未遂の原因が記載されたケースの52%は失業中で、失業やそれに伴う家計圧迫が主な原因と見られている。
 また、家庭内暴力その他の暴力事件の被害者の女性は、自殺する危険度が高い。中には、12歳で自殺未遂を起こした少女もいるが、暴力事件の被害に遭っている事も、女性の自殺未遂者が多い原因と見られている。
 自殺は世界的な関心事で、ブラジルでは15~29歳の青年の死因の第4位だ。ブラジルでは9月を自殺撲滅月としており、黄色いリボンをつけて啓蒙活動などを行う人も多い。
 保健省は自殺回避のため、「オープンな態度で相談に乗る」、「カウンセリング専門の電話(188)の事を教える」、「身近な人の行動や態度に注意を払う」、「悩みや問題が生じたら助けを請う」、「自殺しそうな人がいたら一人にせず、自殺に使いそうな道具を遠ざける」といった助言を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 最後の日系文学、第61号刊行2019年4月3日 最後の日系文学、第61号刊行  最後の『ブラジル日系文学』第61号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に刊行された。  今号では武本由夫特集号として、特別寄稿『「武本文学賞」創設前後―その知られざる背景―』(伊那宏)を掲載。三十六年間継続した武本文学賞の創設時の思い出を紹介。“難産”の末 […]
  • 【2021年新年号】記者コラム「樹海」=2021年の極右勢力の行方を占う2021年1月6日 【2021年新年号】記者コラム「樹海」=2021年の極右勢力の行方を占う  米国の大統領選でドナルド・トランプ氏がジョー・バイデン氏に敗れ、ブラジルでも全国市長選の最中にボルソナロ大統領の支持率の急落減少が見られる形で終えた2020年。これまで、トランプ、ボルソナロ氏が牽引し世界を象徴してきた極右シンドロームだったが、2021年、トランプ氏が […]
  • ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」2019年12月24日 ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」  「眞子内親王にご訪問頂き、無事に移住120周年を祝えてホッとしている」――ペルー日系人協会(APJ)の福元アベル会長(72、二世)がブラジルの日系団体との交流のために今月上旬に来聖してブラジル日本文化福祉協会や日本移民史料館、サンタクルス病院などを視察、9日に文協の忘 […]
  • 無料健康診断青年部が奉仕=福岡県人会2004年10月21日 無料健康診断青年部が奉仕=福岡県人会 10月21日(木)  福岡県人会(松尾治会長)青年部(ヤマト・アレシャンドレ部長)が二十四日アクリマソン区の同県人会館で、高齢の県人会員を対象にした無料健康診断会を開催する。 […]
  • コラム オーリャ!2011年1月8日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年1月8日付け  ナタルはパネトーネに七面鳥、正月はお餅と、日系社会の年末年始は胃袋が休まる暇がない。大晦日にリベルダーデ広場で行われた餅つき祭りは、餅人気で今年も大盛況を見せた。 […]