ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人230人が南部に=停電頻発でベネズエラの電力購入停止

《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人230人が南部に=停電頻発でベネズエラの電力購入停止

空軍機に乗り込む直前のベネズエラ人達(Antônio Cruz/Agência Brasil)

空軍機に乗り込む直前のベネズエラ人達(Antônio Cruz/Agência Brasil)

 ベネズエラ国内での政治的、経済的、人道的危機のため、同国からの移民や難民の流入が続くロライマ州で25日、移民230人の国内移送が行われたと25日付現地紙サイトが報じた。
 今回の移送先はパラナ州とリオ・グランデ・ド・スルで、前者はクリチバ90人、後者は、ポルト・アレグレ70人、カノアス21人、エステイオ9人、カショエイリニャ40人となっている。大半は家族連れだが、カショエイリニャは独身または単身の男性だけを受け入れた。
 ブラジル空軍は通算17回飛行機を出しており、今回の移送は第10弾目。今回も含めると、総計2206人を国内各地に移送した事になる。
 ブラジル政府は24日も、ベネズエラ人が収容されている施設に40トンの牛乳を提供した。納品に立ち会ったアウベルト・ベウトラメ社会企画相は移民とも言葉を交わしており、「連邦政府や、自分達を受け入れてくれたブラジル国民とその連帯感への感謝の念が溢れていた」とコメントした。
 ブラジルを含む、南米諸国への移民流出を招いたベネズエラ。その経済的危機のため、同国内で停電が頻発している事は周知の事実だが、電力供給の不安定さは、同国から電力を購入しているロライマ州にも及び始めた。
 同州で起きた広域停電は今月だけで34回に及び、年頭からでは昨年1年間のほぼ倍の65回に達している。ベネズエラからの電力供給は続いているが、エレトロブラスは同国からの電力受電を停止。16日午後からは、同州内の四つの火力発電所による電力供給のみとなっている。ロライマ州はブラジル全土をカバーする電力供給網が届いていない唯一の州で、隣国からの電力供給に頼っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問2018年11月8日 《ブラジル》米州機構が人権視察団派遣=8州で先住民保護区など訪問  米州機構の人権視察団が5日から、先住民保護区やキロンボ(逃亡奴隷集落)の訪問、社会運動を行っている諸機関の代表との会見などを行っていると1、7日付現地紙サイトが報じた。  同視察団は12日まで滞在し、サンパウロ州、リオ州、バイア州、ロライマ州、マット・グロッソ・ド・ […]
  • 《ブラジル》麻疹の感染者1935人に=連邦直轄区でも患者を確認2018年10月5日 《ブラジル》麻疹の感染者1935人に=連邦直轄区でも患者を確認  保健省が3日、1日現在の麻疹(はしか)感染者は1935人に増えたと発表した。  州別の患者数は、アマゾナス1525人、ロライマ330人、サンパウロ3人、リオ18人、リオ・グランデ・ド・スル33人、ロンドニア3人、ペルナンブコ4人、パラー14人、連邦直轄区1人、セルジ […]
  • 《ブラジル》保健・医療分野でも偽情報=予防接種受けさせない親も=麻疹の死者は9人に増える2018年9月21日 《ブラジル》保健・医療分野でも偽情報=予防接種受けさせない親も=麻疹の死者は9人に増える  保健省が20日から、フェイスブックやツイッターを通じ、一般に流布している保健・医療関係の情報の真偽を明らかにするキャンペーンを始めたと20日付現地紙が報じた。  同省は6カ月前からインターネット上で流れる保健・医療関連の情報を調査しており、誤った情報を含んだり、科学 […]
  • 《ブラジル》麻疹患者1600人超す=予防接種率は目標に届かず?2018年9月15日 《ブラジル》麻疹患者1600人超す=予防接種率は目標に届かず?  保健省が12日、10日までに感染が確認された麻疹(はしか)の患者は1673人に達したと発表したと、同日付現地紙サイトが報じた。  10日現在の感染者数は、アマゾナス州1326人、ロライマ州301人、サンパウロ州2人、リオ州18人、リオ・グランデ・ド・スル州18人、ロ […]