ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人230人が南部に=停電頻発でベネズエラの電力購入停止

《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人230人が南部に=停電頻発でベネズエラの電力購入停止

空軍機に乗り込む直前のベネズエラ人達(Antônio Cruz/Agência Brasil)

空軍機に乗り込む直前のベネズエラ人達(Antônio Cruz/Agência Brasil)

 ベネズエラ国内での政治的、経済的、人道的危機のため、同国からの移民や難民の流入が続くロライマ州で25日、移民230人の国内移送が行われたと25日付現地紙サイトが報じた。
 今回の移送先はパラナ州とリオ・グランデ・ド・スルで、前者はクリチバ90人、後者は、ポルト・アレグレ70人、カノアス21人、エステイオ9人、カショエイリニャ40人となっている。大半は家族連れだが、カショエイリニャは独身または単身の男性だけを受け入れた。
 ブラジル空軍は通算17回飛行機を出しており、今回の移送は第10弾目。今回も含めると、総計2206人を国内各地に移送した事になる。
 ブラジル政府は24日も、ベネズエラ人が収容されている施設に40トンの牛乳を提供した。納品に立ち会ったアウベルト・ベウトラメ社会企画相は移民とも言葉を交わしており、「連邦政府や、自分達を受け入れてくれたブラジル国民とその連帯感への感謝の念が溢れていた」とコメントした。
 ブラジルを含む、南米諸国への移民流出を招いたベネズエラ。その経済的危機のため、同国内で停電が頻発している事は周知の事実だが、電力供給の不安定さは、同国から電力を購入しているロライマ州にも及び始めた。
 同州で起きた広域停電は今月だけで34回に及び、年頭からでは昨年1年間のほぼ倍の65回に達している。ベネズエラからの電力供給は続いているが、エレトロブラスは同国からの電力受電を停止。16日午後からは、同州内の四つの火力発電所による電力供給のみとなっている。ロライマ州はブラジル全土をカバーする電力供給網が届いていない唯一の州で、隣国からの電力供給に頼っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著2018年11月7日 PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著  PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も […]
  • 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物2016年4月22日 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物  世界とブラジルの生長の家の発展をそれぞれけん引する日本の生長の家国際本部「森の中のオフィス」と、サンパウロ市南部の生長の家ブラジル伝道本部。それ以外にも、生長の家は全伯に拠点をもち、現在は86のポ語の教化支部、33の日本語の教化支部が存在する。 「教化支部」は、その地域におけ […]
  • クリチバ市を訪れた観光客(Valdecir Galor/SMCS)2014年7月4日 イグアス=外国人観光客が増える=上半期は12%増の19万人  W杯開催に合わせて記念公園をという計画の実行が遅れている(遠のいている?)ブラジルだが、W杯の影響もあり、上半期にイグアスの滝国立公園を訪れた外国人観光客は昨年同期比12%増となる18万9373人を記録した。 パラナ州西部にあるイグアスの滝国立公園は世界的にも知られる観光 […]
  • 《ブラジル》コーロル元大統領を収賄疑惑で再捜査=110万レアルの資産凍結2020年10月22日 《ブラジル》コーロル元大統領を収賄疑惑で再捜査=110万レアルの資産凍結  21日、連邦警察による「キント・アト作戦」が行われ、元大統領のフェルナンド・コーロル上議(社会秩序共和党・PROS)が家宅捜索の対象となった。21日付現地紙が報じている。  今回のキント・アト作戦は、2014年から2015年にかけて行われた贈収賄工作に関するもの。そ […]
  • クリチバ=総合格闘家シウバ氏に=在外公館長表彰を贈呈2020年9月22日 クリチバ=総合格闘家シウバ氏に=在外公館長表彰を贈呈  在クリチバ日本国総領事館の高木昌弘総領事(61歳、神奈川県)は3日、パラナ州クリチバ在住の総合格闘家ヴァンダレイ・シウバ氏を公邸に招待し、在外公館長表彰を授与した。  シウバ氏は、1990年代から2000年代にかけて、日本で開催された総合格闘技イベントPRIDE参戦 […]