ホーム | コラム | 特別寄稿 | 知っておきたい日本の歴史=徳力啓三 | 知っておきたい日本の歴史=徳力啓三=(15)

知っておきたい日本の歴史=徳力啓三=(15)

《補講》 幕末 ・ 明治初期に日本を訪れた外国人の見た日本と日本人

ペリー提督の日本人観(1853年に日本にきたアメリカの提督の日本遠征記より抜粋)
 日本国民は、男女を問わず、読み書きが出来る。見聞を広めどんなことにも興味をしめす。他国の地理や物質の発達に関心を示す。日本人は一生懸命働く。余暇には将棋や碁を楽しんでいる。若い日本人の娘は姿がよくきれいである。日本人は品位が高いなど記されている。

イザベラ・バード(Public domain)

ジョン ・ ブラック(英字新聞発行者)
 マナーの良さとモラルの高さに感銘を受けた。日本人の礼儀正しさ、日本人は柔和で、かなりの独立心を持ち、気持ちのよい挨拶をする。
アンベール(スイス人遣日使節団長)
 下層の人でも親切で愛想が良い、庭に咲いている花を私が気にいったと言うと、一番美しい所を切り取って私にくれた。そしてお金を渡そうとしても受けとらなかった。
イザベラ・バード(1878 年 イギリスの旅行作家)
 雇った馬子の親切さ-皮ひもを亡くしたら、4kmも戻って探してくれた。旅の終わりに少しお金をあげようとしたが、私の責任は貴方を無事目的地に届けることと言って、お金を受け取らなかった。
エドワード・モース(東大教授)
 人力車の車夫の行儀の良いこと。車夫同士でお客の取り合いをしない。ぶつかっても微笑みを返し争わない。汚い言葉を使わず、目的地にまっすぐ走った。
ヴィレム・カッテンディーケ(海軍教官)
 日本人の欲望は単純で、上流社会の食事といえど簡素、貧乏人らと変わらない。家の中も簡素単純で、日本人の礼儀正しさ、無償の親切、争いのない社会。


第3 節 立憲国家と日清・日露戦争

条約改正への苦闘

 幕末に徳川幕府は、諸外国と修好通商条約を結んだ。1858 年当時、日本は 西欧諸国並みの法律を持っておらず、不平等な条約であった。不平等の第1は、日本で罪を犯した外国人を裁判で裁けず、外国の領事が裁判権を持っていた。
 第2は関税の自主権を持っていなかった。明治政府は、そのためこれらの改正を進め、外国と同等の権利を有する国になるため、涙ぐましい努力を続けた。1871年に明治政府は岩倉使節団を欧米視察に送り出したが、その一大目的は不平等条約の改正にあった。憲法がないと、独立国として認めてもらえぬため、維新後 23年目に明治憲法をつくった。
 日清戦争が始まる前の1894年に、明治政府は、英国と日英通商航海条約を結び、外国人に対して国内を開放し、自由な活動と、住居 ・ 旅行などを認めることと引き換えに、治外法権が撤廃された。その翌年、領事裁判権を廃止させることが出来た。
 1911 年には関税の自主権を回復させたが、条約を結んでから実に58年、岩倉使節団が欧米と交渉を始めてからでも40年の年月が経っていた。明治時代が終わる直前まで明治の元勲たちは、日本国を真の独立国家にするために尽くした。
 日本も欧米並みの文明国であることを示すため、鹿鳴館を建設し、舞踏会を催し、フランス料理でもてなした。日本の昔の葬儀は白服であったが、黒服を使うようになったのは、西洋文化に合わせたからと言われている。
 日本は国を挙げての西洋化を進めた。日本がアジア以外の国と最初に結んだ通商条約は、1888 年に行ったメキシが最初である。1896年にはブラジルとの間に通商条約を結んだ。ブラジルへの移民が始まる12年前のことだった。

自由民権運動と政党の誕生

明治天皇(1890年撮影、高木 背水 / Public domain)

 1868年、天皇は明治の御世を始めるにあたって、天皇自らが神に誓うという形で、「五箇条の御誓文」をつくられた。御誓文では、会議を開き、世論に
基づいて政治を行うことを国の根本方針として宣言した。

板垣退助(Unknown author / Public domain)

 1874 年には板垣退助(1837-1919)は民撰議院設立の建白書を政府に提出した。その中で国民が政治に参加出来る国会の開設を求めた。なぜなら上に天皇あり、下に人民あり、中に居る有司(役人)が多くの法令を出し、絶えず変更する。これでは民意が反映されず、一貫した政策が見出せず、国が崩壊するもとであると主張した。
 征韓論論争で政府を去った板垣は、薩長出身の藩閥政治を批判し、議会の開設を急ぎ、国民の自由な政治参加を勧めた。こうして自由民権運動は始まった。
 1877 年、板垣は土佐の士族中心の政治結社「立志社」を創設し、翌年、地方議会として府県会を設立した。
 1880 年、国会期成同盟を大阪に結成し、新聞や演説会などを通して活動を広げていった。また、大隈重信は政党内閣制を主張し、自由党を創設した。

伊藤博文(Unknown author / Public domain)

 1882 年、伊藤博文は欧州へ憲法作成のため出張、原案を創り始めた。そして3 年後には、内閣制度を創設し、伊藤自ら初代内閣総理大臣となった。続いて待望の明治憲法が、伊藤らの手によって1889年に発布された。
 1891 年、伊藤総理は国会開設の勅諭を受け政党の結成を進めた。明治憲法作成中には、民権派の国民による憲法草案が3千件も提案されたと言われている。日本国憲法の草案・作成に大いなる叡智を絞った明治の元勲は、民撰議院(国会)設立に寄与した自民党党首の板垣退助(1837-1919)、立憲改進党党首で第8代首相の、大隈重信(1838-1922)、憲法草案者で初代首相の伊藤博文(1841-1919)の諸氏である。

大日本帝国憲法と立憲政治

 1889年2月11日、「大日本帝国憲法」は発布された。日本国の憲法の主な条項は、①天皇は日本国を統治する。②実際の政治は各大臣が行い、責任を持つ。③国民は兵役と納税の義務を負う。④国民は言論、集会、住居、信教の自由を保障される。⑤国民は選挙権を持ち、衆議院議員を選ぶ権利を有する、などであった。翻訳された憲法は世界に配られた。
 イギリスでは、アジアの国に議会制憲法が成立し、古来の歴史や習慣をべースにした穏健な内容に驚いたと 言われ、又ドイツでは、二院制の衆議院と貴族院の組み合わせを高く評価した。
 1890年、第1 回目の国政選挙が行われ、300名の国民の代表が選ばれた。第1回帝国議会(国会)が召集され、日本はアジアで最初の憲法をもつ立憲君主国家となった。独自の憲法を持つことにより、日本は事実上完全な独立国となった。
 1890年、天皇の名により「教育に関する勅語」が発布された。押し寄せる西洋文化に流されることなく、全ての国民が日本人らしい生き方をするため明治天皇ご自身が、国民に語りかける形式で、ご自身への戒め・目標を述べられている。
 それらは、古来より日本人が守ってきた生き方を短くまとめられている。①父母への孝行、②学問や公共心の大切さ、③非常時には国のために尽くすなどの心得を説かれたもので、一人ひとりが日々の生活を過ごす姿勢は、今まで通りで良いのだと諭されている。
 国民はすんなりとこれを受け容れ、全国民へ広がっていった。また多くの言語に翻訳され海外にも知られた。
 1945年の終戦に至るまで、各学校で用いられ、近代日本人の生き方に大きな影響を与えた。残念ながら終戦直後の議会の決議により否定された。


《補講》 福沢諭吉(1835-1901)の『学問のすすめ』

福澤諭吉とアメリカの少女テオドーラ・アリス・ショウ。万延元年(1860年)、米国サンフランシスコにて。(慶應義塾福澤研究センター所蔵、ウィリアム・シュー / Public domain)

 啓蒙思想家、教育者、慶応義塾の創設者。個人の自由と権利を重視する考え方を説く。生涯、民間教育振興に尽力した。1872年、西洋文明の紹介をした『学問のすすめ』を刊行、新社会は自由・独立・平等の価値観を持つことを宣言した。
 この本は100万部を超える大ベストセラーになった。福沢諭吉の言葉で有名なのは「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」。「一身独立して一国独立する」また「独立の気力なき者は、恥ずべき時に恥じず、論ずべき時に論ぜず、人さえ見れば腰を屈する」と気力の大切さを教えた。

 

 

 

 


日清戦争と三国干渉

日清戦争時の日本軍歩兵の一斉射撃(”Bakumatsu Meiji no Shashin” by Ozawa Kenshin, p. 340 )

 1882年、金玉均は朝鮮の自立と近代化の必要性を痛感し、仲間を集めて独立開化派を結成した。日本の明治維新を見習い、軍隊制度を改革しようとしたのに対し、日本も援助を始めた。
 一部軍人が叛乱を起こし、宗主国である清国に援助を求めたために、清国は直ちに軍隊を派遣し、内乱を抑えた。こうした清国の横槍が入り、日本の援助は無駄となり、日本との対立が深まった。
 1886年、清国の東洋艦隊が長崎の港に修理のために寄港した。そこで清国の水兵達が騒動を起こし、死傷者がでた(長崎事件)。清国側は謝罪せず、日本側では清国に対する恐れと怒りが広がった。
 1894年、朝鮮南部で農民の暴動が起こった。朝鮮王朝は清国に鎮圧のための出兵を求めたが、日本も清国との申し合せに従い軍隊を派遣したため、両軍は話し合いがつかないまま衝突し、日清戦争(1894ー1895)が勃発した。
 朝鮮半島や満州南部まで戦線は拡大したが、日本軍は陸戦でも海戦でも清国を圧倒し、勝利した。日本軍も清軍も兵器は近代的なものを持っていたが、日本軍は訓練や規律が行き届いており、戦う意欲も高かった。
 1895年日本と清国は下関条約を結び、①清国は朝鮮の独立を認める。②清国は日本に対して賠償金を払う。③清国は遼東半島と台湾を日本に譲る等が決まった。
 清国が日本に戦争で敗れたために、欧米列強は清国を分割の対象とみなし、中国各地に租界をつくった。
 ロシアは3年後、旅順、大連を租借し、軍事基地を建設した。日本国民は、「今に見ておれ」とロシアに対して気勢をあげ、官民共になって国力の充実に努めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来社した婦人部の皆さん2014年7月24日 サ・アマーロ婦人会=3日に慈善バザー開催  サントアマーロ連合婦人会(吉井友子会長)主催の『慈善バザー』が8月3日、サントアマーロ文協会館(Rua Vigario Taques Bittencourt, […]
  • 浜松市長=「五輪で交流深めたい」=ブラジル代表団の合宿打ち合わせ=県人会会員とも懇談会2019年7月30日 浜松市長=「五輪で交流深めたい」=ブラジル代表団の合宿打ち合わせ=県人会会員とも懇談会  静岡県浜松市の鈴木康友市長と市職員ら4人が20日に来伯した。浜松市は来年の東京五輪・パラリンピックで、ブラジル選手団の事前合宿受け入れ地となっている関係で、鈴木市長らはブラジル五輪委員会などと選手受け入れの協定締結のため訪伯した。その後、サンパウロ市の静岡県人会を24 […]
  • 大耳小耳2014年12月5日 大耳小耳  全伯で最大規模を誇る養鶏場は、なんといってもバストスのグランジャ薮田の500万羽だといわれるが、伊藤悟さんの200万羽も十分に5本指に入りそうな規模だ。さらに南米最大の市場であるサンパウロ市まで100キロの好立地を誇り、徹底的に機械化を進めるグランジャ・スマレーは「効率で […]
  • 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!2016年10月14日 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!  当地のカラオケ熱は世界一だろう。指導者も多いし、大会は毎週のようにある。そんな業界からマルシア、エドアルドが日本へ飛び出した。  亜国からは大城バネサがプロとして活動している。本人曰く、「年4回ほどしか大会がない」という同国から日本へ渡った珍しい例だ。  それに比べ当地の […]
  • 中国より愛をこめて=伯にアドバイス=所得格差なくし教育に投資=外資に頼りすぎるな2007年7月11日 中国より愛をこめて=伯にアドバイス=所得格差なくし教育に投資=外資に頼りすぎるな 2007年7月11日付け  【ヴェージャ誌二〇一五号】中国でラテンアメリカ経済を研究するジアン・シーシュー教授は、ブラジル人は中国に対し不平を言うのを止め、競争を挑むのもお門違いだと忠告した。世界各国の経済発展には、大きく二つの行き方がある。ブラジルは中国と同じように所得 […]