ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、ネット上では、ジャイール・ボウソナロ氏に対するアンチ運動「エレ・ノン」が活発化しているが、それに対するボウソナロ氏支持者の暴力的行為もエスカレートしている。24日には、フェイスブックで「ボウソナロ氏に反対する女性の会」を管理しているマリア・トゥカ・サンチアゴさんが、銃を持って武装した男性3人に襲撃された。また、人気歌手マリリア・メンドンサはじめ、同氏への不支持を表明した女性歌手や女優のユーチューブがハッキングされ、「悪いね」に10数万表が投じられるなどの被害も出ている。こうした検閲まがいの威嚇行為では、口を封じるのはますます難しくなるのでは。
     ◎
 サンパウロ市セントロの公立校フィデリーノ・デ・フィゲイレードの41歳の物理教師が、他の学校の11歳の少女に性的ないたずらをしていたことが判明し、24日に懲戒処分となった。処分は、性行為の被害にあったとされる少女の両親が被害を届け出たことで成立した。この教師は既に4カ月前から、普段教えている学校の12歳の少女からも「すごくあやしい目つきで見つめてくる」との報告が行われていたという。最初に訴えた少女の勘は鋭かったか。
     ◎
 25日、サンパウロ市東部グアイアナゼスで、スクールバスに乗っていた3歳の男の子が銃の流れ弾に当たって負傷した。この事件は、このバスが強盗にあったところに軍警がかけつけ、銃撃戦になったことで起こったという。犯人は車から降りて逃走した。男の子は病院に運ばれた結果、命に別状はなく、15日ほどの入院で済むという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]