ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ペルナンブコ州=現金輸送中の小型機襲撃=銃撃戦で強盗6人が死亡

《ブラジル》ペルナンブコ州=現金輸送中の小型機襲撃=銃撃戦で強盗6人が死亡

強盗に狙われた小型機(PF/Divulgação)

強盗に狙われた小型機(PF/Divulgação)

 ペルナンブコ州サウゲイロで26日、現金輸送中の小型機を襲撃して現金を奪おうとした強盗団が警官と銃撃戦となり、強盗6人が死亡、1人が負傷したと同日付現地紙サイトが報じた。
 連邦警察によると、強盗団は小型機が着陸するタイミングを見計らって滑走路に侵入。同州内の銀行に現金を運ぶために待機していた現金輸送車の警備員らを取り囲むと共に、小型機の操縦士に向かって発砲して同機を停止させた。
 だが、ここで、ペルナンブコ州などで犯罪を繰り返す強盗団の動きを監視してきた連警とペルナンブコ、バイア両州の軍警が、強盗団と銃撃戦を展開。強盗団のメンバー6人が死亡し、1人が負傷した。
 残った強盗達は逃げようとしたが、警察が2人を逮捕。4人は逃げおおせたが、警察が行方を捜索中だ。
 この強盗団は、バイア州内陸部とペルナンブコ州ペトロリーナで銀行強盗や現金輸送車襲撃を繰り返しており、警察が1年前から動向を捜査していた。強盗団の一部は、資産急増の実態を隠すため、輸出用の果物を栽培する農家とも関係を持っていたという。
 今回の事件は、事前に情報をつかんだ警察が先回りし、被害を未然に防いだ。警察はAK47型のライフル6丁と、車に備え付けられていた50口径の機関銃1丁を押収した。また、強盗に撃たれた小型機の操縦士は病院に運ばれ、命には別状はないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》失業率=9月第4週は過去最高14・4%=緊急支援金減額うけ職探し開始で2020年10月20日 《ブラジル》失業率=9月第4週は過去最高14・4%=緊急支援金減額うけ職探し開始で  地理統計院(IBGE)が16日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関する調査で、9月第4週は失業者数が急増し、失業率も同調査では過去最高の14・4%に高まったと発表したと16~18日付現地紙、サイトが報じた。  9月第3週の失業率は13・7%だったが、64万7千人 […]
  • 《ブラジル》白内障の手術の数が倍増=長寿化で高齢者が増えて?2020年10月10日 《ブラジル》白内障の手術の数が倍増=長寿化で高齢者が増えて?  世界視力デーの8日、ブラジル眼科審議会(CBO)が、ブラジルではこの10年余りで白内障の手術が倍増したと発表した。  2019年に統一医療保健システム(SUS)で行われた白内障の手術は約60万1千件で、2009年の30万2千件のほぼ倍となった。手術増加率が最も高かったのはサ […]
  • 《ブラジル》自然豊かな海岸で海亀死体12%増=違法投網が原因?2020年10月7日 《ブラジル》自然豊かな海岸で海亀死体12%増=違法投網が原因?  自然豊かで美しい海岸地帯が広がる持つことで有名なブラジル北東部のバイア州で、3日までに、昨年同期より12%多い138匹の海亀の死体が見つかり、関係者の間で懸念が広がっている。  10月から翌年の4月にかけては複数の種類の亀の繁殖期だが、9月27日から10月3日の1週 […]
  • 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」2020年10月7日 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」  国立気象観測所(Inmet)は6日、ブラジルでは猛暑のため、「熱中症で亡くなる人が出る可能性がある」と警鐘を鳴らした。6日付現地サイトが報じている。  9月30日、10月1日の2日連続で観測史上2位の37・1度を記録したサンパウロ市を始め、春先なのに全国的に記録的な暑さが続 […]
  • 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル2020年10月2日 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル  地理統計院(IBGE)が1日、昨年の穀物やマメ科食物、油糧種子の生産量は前年比で6・8%増の2億4330万トン、生産額は5・1%増の3610億レアルで新記録を更新したと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  注目されるのは、昨年の収量が前年比で22・8%増の1億 […]