ホーム | Free | 多文化体験イベント6日=難民W杯に合わせて開催

多文化体験イベント6日=難民W杯に合わせて開催

「難民サッカーワールドカップ2019」のロゴマーク

 アフリカ、中南米、シリアなどから難民として近年ブラジルで生活を始めた人々やインディオの文化を紹介する多文化体験イベント『フェイラ・クルトゥラル』が、6日(日)午前10時から午後7時までサンパウロ市スポーツセンター(Alameda Iraé, 35 – Moema)で開催される。入場無料。
 7月からブラジルの6都市で地方戦が開催されてきた第6回難民サッカーワールドカップのサンパウロ大会が、同施設で実施されるのに合わせての開催となる。

アフリカの輸入生地の販売

 アフリカから輸入された異国情緒あふれる生地や衣服の販売、アフロヘアの編みこみの体験、歌や踊りのショー、トークショーなどが行われる。飲食フェイラでは料理と合わせて簡単な講習も予定。
 主催はNGOアフリカ・ド・コラソン、後援は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)、サンパウロ市。参加国はシリア、モロッコ、ウガンダ、ハイチ、トーゴ、セネガル、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ギニアビサウ、ボリビア、ペルー、ベネズエラ、キューバ。 難民ワールドカップやフェイラに関する詳細は、フェイスブック(Copa dos Refugiados e Imigrantes)にて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アマゾン火災騒動への違和感を読み解く2019年8月27日 アマゾン火災騒動への違和感を読み解く  アマゾンが国際世論やネット上でも燃えている――熱帯雨林伐採も森林火災も放置してはいけない。きちんとコントロールしなければいけない。その部分は、はっきりと言いたい。  その上で、先週からのアマゾンに対する国際世論を含めたボウソナロ政権への批判に奇妙な部分があることを指 […]
  • コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦2019年6月15日 コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日に聖市で大事な初戦  14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日まで伯国内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、聖市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto Gomes […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • サンパウロ大会優勝はコンゴ・チーム=『難民と移民のサッカーW杯』2019年10月22日 サンパウロ大会優勝はコンゴ・チーム=『難民と移民のサッカーW杯』  【既報関連】NGOアフリカ・ド・コラソン主催、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)、サンパウロ市及び数社の民間企業が後援する『第6回難民と移民のサッカーW杯』サンパウロ大会の優勝決定戦が、10月20日午後2時半から、サンパウロ市パカエンブー競 […]