ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(51)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(51)

 今夜はこの浜辺で一泊だ。浜辺に座ると太陽で温められた砂地が心地よく、眠気を誘う。
 昨年九月、モルドイ村へ連行される途中、一泊した夜の猛吹雪に凍えたことを思い出した。
 今日も食事なし。砂浜に横たわっていると、背中が温まり、空腹なのに眠ってしまった。何度か目覚めその度に澄んだ夜空の星をみつめた。
 翌朝、無蓋車に乗車。最初の駅は『清津』であった。プラットホームは、朝の出勤時の白シャツ姿の人群れで混雑していた。その中から、青年が一人抜け出したかと思うと、素早く辺りを見回し、つと私たちが乗っている無蓋車へ近寄った。彼は巻煙草を数本投げて寄越しながら、
「日本時代の方がよかったよ」
 といい、さっと人群れに戻った。
 プラットホームを通り過ぎる人たちは、私たちと視線を合わさないように、足早に去って行った。

  二、三合里駅とゲンノショウコ

 清津駅を出発した列車は、すぐに山間部へ入った。進行方向は北である。帰還するのであれば、南へ行かねばならない。またしても、不吉な予感がする。このまま北進すれば、国境の町会寧である。豆満江を渡ると、満州国図們に通じる。そんなことを考えているうちに、数駅を過ぎて停車した。
 駅名は三合里。山の中のさびれた集落である。ここで全員下車。北進しなくて安心した。両側から山が迫っている路を歩いてゆく。ところどころに泥壁の破れ屋が路端に建っている。とある破れ屋の中から、
「日本人の山猿、日本へ帰れ」
 と、少年の金切り声が飛んできた。大人が三人道端に立って、捕虜の一行を睨むように見すえている。明らかに敵意のこもる視線であった。
 私たちはそれらを無視して黙々と歩く。昨日から一匙の粥も、水も啜っていないのだ。彼らと喧嘩する気力などなかった。
 山間の道を抜けて坂を下りると、見事な稲田が目の前に開けた。黄金の稲穂が目にしみて、荒んだ心が和らいで来た。
 用水路を挟んで右側に、田圃がひらけている。よく整備されている農道を行くと、中程の左側に、モルタル塗りの瀟洒な住居が建っていた。人の気配はなかった。先程見た山際の破れ屋と、全く対照的な風景である。
 前を行く年配の人が、用水路に沿って生えている雑草の間から、
「ゲンノショウコという胃腸の薬草だよ」
 と、いって引き抜いた。教えてもらい、私も一束ほど引き抜いて雑のうに括りつけた。これが後で私の命を救ってくれることになるとは、夢にも思わなかった。
 農道が終わると道は右に曲がり、狭く急な上り坂に変わる。一列縦隊になって進む。左側は錆びた有刺鉄線が三段に張ってあり、その向こうは急に落ち込んでいる。有刺鉄線に沿って、生垣風に植えてある潅木に、菱形の実がなっていた。食えるかもしれない。手を伸ばして探り、柔らかい皮をむいて噛んでみた。蓮の実のような味がした。五,六コ採ったところで、生垣は終った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)2018年10月26日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)  ソ連軍将校の中には日本語を私たちより上手に話すものがいる。彼もその一人で連れの将校も、理路整然と語った。東さんがみんなを見回して言った。 「俺たちが生きて帰ってこそ、死んだ戦友たちの霊も浮ばれると思うが、みんなどうだ」  全員黙ってうなずいた。しかし翌日私たちは第一船から […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]