ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■氏家保一さん

■訃報■氏家保一さん

 聖市ジャルジン・パウリスタ区で割烹「寿し安」の店主をしていた氏家保一(やすかず)さんが23日、大腸癌で療養中のところ自宅で亡くなった。享年80。
 氏家さんは、神奈川県横須賀市生まれ。麒麟麦酒の旧王子工場で務めた後、61年に農業移民として渡伯。北パラナのロレーナ植民地に入植し、翌年に出聖。リベルダーデ区の日本食店等で経験を積み、70年代に割烹「寿し安」を開店した。
 同店はパウリスタ大通りに近い好立地で多数の座敷があり、駐在企業の商談上としても親しまれていたが、11年に閉店。その後、トマス・ゴンザガ街98番に新店舗を開店し、日本から「寿しマシン」を導入するなど、当地の寿しの質向上に尽力していた。
 葬儀は、25日にコンゴーニャス墓地にて執り行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■年末年始の予定■2018年12月27日 ■年末年始の予定■  今年最後の通常号が28日(金)付となります。その後、2019年新年特別号(16頁)が発行され、新年の通常号は1月4日(金)付から。  その間、編集部は12月28日(金)から1月2日(水)までお休み。ただし、購読部は年末28日(金)まで通常通り営業し、29日(土)から1月3日 […]
  • 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に2018年11月28日 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「11月定例役員会」を22日午前、援協本部ビルで開催した。  議事報告では、10月27日に開催された定期評議委員会にて、二期目となる与儀会長続投が決定し、来年度予算、事業計画が承認されたと報告。与儀会長は「新大統領のもとで、ブラジルが […]
  • 日本力行会が役員改選=学校法人として3期目に2018年12月21日 日本力行会が役員改選=学校法人として3期目に  学校法人「日本力行会」(東京都練馬区)からの連絡に寄れば、12月上旬に以下の通り、第3期目の役員等を選任したという。任期は2020年12月4日までの2年間。同会は1897年に創立、2014年12月1日に東京都知事から学校法人として認可され、今回で3期目。  村上悦榮理事長は […]
  • ■訃報■森ジョルジ2018年11月23日 ■訃報■森ジョルジ  第1回サンパウロ・ビエナーレに当時最年少(19歳)で出展し、天才少年と呼ばれていた早熟の日系画家・森ジョルジさんが、20日に聖市内で亡くなった。享年86。  1932年10月20日聖市生まれ。若干11歳から絵画を学び始め、44年から画家・高岡由也氏に師事し、47年に聖市で初 […]
  • ■訃報■渥美誠さん2018年11月27日 ■訃報■渥美誠さん  県連故郷巡りを数多く手がけてきたグローバル・サービス旅行社の渥美誠社長が、今月24日、聖市カルボン・ブエノ街交差点を歩行中に大型観光バスに轢かれ、搬送先のバンデイランテス病院で亡くなった。享年68。  渥美さんは、1950年神奈川県藤沢市生まれ。57年に渡伯し、グァインペー […]