ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、クラコランジアを、現在のセントロ(市中央部)からマルジナル・チエテ沿いの土地に移動させる意向があると、28日付現地紙が報じている。
 麻薬常用者の巣窟として知られるクラコランジアは、長年セントロにあり、ドリア前市長が取り入れた麻薬撲滅対策「レデンソン」の拠点となる施設もそこにある。
 コーヴァス氏は、それらの施設をマルジナル・チエテ沿いで、ショッピングセンターやチエテのバスターミナルにもほど近い、クルゼイロ・ド・スル大通りに移そうとしている。
 これは、現在クラコランジアのある地域に、新しい病院の本部や高層アパートを立てる計画があるのに、麻薬常用者がたむろしているため、それを嫌う人たちが、市に移転を迫っているためだ。
 移籍予定地は、ドリア氏が始めたプログラム用の敷地の10倍の面積があり、既に、「アテンデ」と呼ばれる、麻薬常用者用施設の建設がはじまっている。「アテンデ」は、常用者に対する宿泊や食事のサービス、入浴サービスなどを行っている。
 コーヴァス市長は、新しい場所に施設をたてた時点で、セントロの「アテンデ」を閉鎖する予定だが、クラコランジアで麻薬常用者の世話などを行っている人たちは、常用者たちが住みつく場所は麻薬を容易に手に入れられる場所であり、常用者向けのサービスが提供される場所ではないことを認識しており、常用者たちが新しい施設に移る前に現在の施設を閉鎖することになる可能性があることを懸念している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で2019年5月1日 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で  サンパウロ大都市圏ABC地区の金属労組とフォード社が4月30日に、サンベルナルド・ド・カンポ工場の閉鎖に伴う解雇者への支援に関する合意に達した  会社側の説明によると、工場閉鎖に伴って解雇される従業員には、奨励辞任プラン(PDI)に基づく退職金と、心理面のケア、労組協賛で開 […]
  • ポルトガル=「ブラジル人学生に石を投げろ」=名門大学で外国人差別行為2019年5月1日 ポルトガル=「ブラジル人学生に石を投げろ」=名門大学で外国人差別行為  ポルトガルの大学で、ブラジルからの学生に対する外国人差別が行われて問題化していると、4月30日付フォーリャ紙が報じている。  問題となっているのはリスボン大学法学部で、4月29日に、キャンパス内に石の詰められた木の箱が置かれ、「ズッカ(ブラジル人に対する侮蔑語)に投げつける […]
  • SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま2019年5月1日 SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま  4月27日、サンパウロで行われていた「サンパウロ・ファッション・ウィーク(SPFW)」のファッション・ショーの最中に、モデルを務めていた男性が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる事態が発生。ブラジル・ファッション界に衝撃を与えている。  亡くなったのは「タレス・コッタ」の名で知 […]
  • 《ブラジルサッカー》全国選手権1部、開幕間近=有力チームなどを紹介2019年4月27日 《ブラジルサッカー》全国選手権1部、開幕間近=有力チームなどを紹介  今年のサッカー全国選手権1部リーグが、28日より開幕する。  1月下旬から、州選手権や北東部選手権、リベルタドーレス杯、スル・アメリカーナ杯などの国際大会、ブラジル杯などの試合は行われていたため、厳密には「サッカーシーズン開幕」との言葉は不適切だ。  だが、やはり、シーズ […]
  • サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も2019年4月30日 サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も  サンパウロ州は2020年から、学校の休みの時期を分散し、7月の休みを2週間に短縮するなどの新しい試みを行う。27日付現地紙が報じている。  現状では、サンパウロ州内の州立校の休みは、夏季(12月~1月)が45日間で、2月第1週の月曜に新学期開始。冬季の休みは7月に30日間で […]