ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、クラコランジアを、現在のセントロ(市中央部)からマルジナル・チエテ沿いの土地に移動させる意向があると、28日付現地紙が報じている。
 麻薬常用者の巣窟として知られるクラコランジアは、長年セントロにあり、ドリア前市長が取り入れた麻薬撲滅対策「レデンソン」の拠点となる施設もそこにある。
 コーヴァス氏は、それらの施設をマルジナル・チエテ沿いで、ショッピングセンターやチエテのバスターミナルにもほど近い、クルゼイロ・ド・スル大通りに移そうとしている。
 これは、現在クラコランジアのある地域に、新しい病院の本部や高層アパートを立てる計画があるのに、麻薬常用者がたむろしているため、それを嫌う人たちが、市に移転を迫っているためだ。
 移籍予定地は、ドリア氏が始めたプログラム用の敷地の10倍の面積があり、既に、「アテンデ」と呼ばれる、麻薬常用者用施設の建設がはじまっている。「アテンデ」は、常用者に対する宿泊や食事のサービス、入浴サービスなどを行っている。
 コーヴァス市長は、新しい場所に施設をたてた時点で、セントロの「アテンデ」を閉鎖する予定だが、クラコランジアで麻薬常用者の世話などを行っている人たちは、常用者たちが住みつく場所は麻薬を容易に手に入れられる場所であり、常用者向けのサービスが提供される場所ではないことを認識しており、常用者たちが新しい施設に移る前に現在の施設を閉鎖することになる可能性があることを懸念している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]