ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

サンパウロ市=クラコランジア移転か?=マルジナル・チエテ沿いの広い敷地に

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、クラコランジアを、現在のセントロ(市中央部)からマルジナル・チエテ沿いの土地に移動させる意向があると、28日付現地紙が報じている。
 麻薬常用者の巣窟として知られるクラコランジアは、長年セントロにあり、ドリア前市長が取り入れた麻薬撲滅対策「レデンソン」の拠点となる施設もそこにある。
 コーヴァス氏は、それらの施設をマルジナル・チエテ沿いで、ショッピングセンターやチエテのバスターミナルにもほど近い、クルゼイロ・ド・スル大通りに移そうとしている。
 これは、現在クラコランジアのある地域に、新しい病院の本部や高層アパートを立てる計画があるのに、麻薬常用者がたむろしているため、それを嫌う人たちが、市に移転を迫っているためだ。
 移籍予定地は、ドリア氏が始めたプログラム用の敷地の10倍の面積があり、既に、「アテンデ」と呼ばれる、麻薬常用者用施設の建設がはじまっている。「アテンデ」は、常用者に対する宿泊や食事のサービス、入浴サービスなどを行っている。
 コーヴァス市長は、新しい場所に施設をたてた時点で、セントロの「アテンデ」を閉鎖する予定だが、クラコランジアで麻薬常用者の世話などを行っている人たちは、常用者たちが住みつく場所は麻薬を容易に手に入れられる場所であり、常用者向けのサービスが提供される場所ではないことを認識しており、常用者たちが新しい施設に移る前に現在の施設を閉鎖することになる可能性があることを懸念している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断2020年3月21日 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断  【既報関連】ブラジルでは、コロナウイルスによる災禍拡大で、人ごみや外出を避けるようにと推奨されているため、ブラジル地理統計院(IBGE)は、労働市場調査、全国家庭サンプル調査(Pnad)の訪問調査と、広範囲消費者物価指数(IPCA)算出のための価格の現場調査を一時停止した。2 […]
  • 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る2020年3月20日 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る  大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議がコロナウイルスに関して行ったツイートが中国大使館を怒らせ、外交問題を懸念させるものになっていると、19日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  エドァウルド氏は18日、コロナウイルスの感染拡大に関して、1986年のソ連(当時)での […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]