ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じているヴェージャ誌のボウソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」という記事も掲載しており、この時期に爆弾記事を投げる傾向が強い。折りしも、今日は、全国でボウソナロ氏に対するアンチ・デモが行われる日。同氏は軽い感染症が確認され、28日退院の予定が29日にずれこんだが、退院するのはとりあえずやめておいた方が良いかも?
     ◎
 連邦直轄区知事を計4期務めたことで知られるジョアキン・ロリス氏が27日、肺炎に伴う敗血症で亡くなった。82歳だった。同氏はサルネイ政権の1988年に連邦直轄区知事に任命され、コーロル政権の農相に任命された90年3月まで務めた。だが、2週間で農相を辞し、同区初の知事選に出馬。一次投票で当選した。2006年まで計4期にわたり同区知事をつとめるといった長い政治キャリアもあって人望も厚く、28日に行われた葬儀では5千人が墓地に詰め掛けた。
     ◎
 大統領選も近く、落ち着かない今日この頃だが、サッカーの全国選手権開催は止まらない。明日30日、首位のサンパウロは敵地リオでボタフォゴと対戦。サンパウロを勝ち点差わずか1で追う2位パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでクルゼイロと対戦。クルゼイロとは26日にブラジル杯で対戦して敗れたばかり。雪辱を果たしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]