ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じているヴェージャ誌のボルソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」という記事も掲載しており、この時期に爆弾記事を投げる傾向が強い。折りしも、今日は、全国でボルソナロ氏に対するアンチ・デモが行われる日。同氏は軽い感染症が確認され、28日退院の予定が29日にずれこんだが、退院するのはとりあえずやめておいた方が良いかも?
     ◎
 連邦直轄区知事を計4期務めたことで知られるジョアキン・ロリス氏が27日、肺炎に伴う敗血症で亡くなった。82歳だった。同氏はサルネイ政権の1988年に連邦直轄区知事に任命され、コーロル政権の農相に任命された90年3月まで務めた。だが、2週間で農相を辞し、同区初の知事選に出馬。一次投票で当選した。2006年まで計4期にわたり同区知事をつとめるといった長い政治キャリアもあって人望も厚く、28日に行われた葬儀では5千人が墓地に詰め掛けた。
     ◎
 大統領選も近く、落ち着かない今日この頃だが、サッカーの全国選手権開催は止まらない。明日30日、首位のサンパウロは敵地リオでボタフォゴと対戦。サンパウロを勝ち点差わずか1で追う2位パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでクルゼイロと対戦。クルゼイロとは26日にブラジル杯で対戦して敗れたばかり。雪辱を果たしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出2018年12月28日 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出  2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボルソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷 […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]