ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響

《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響

 1950年代に一世を風微し、長きにわたり活躍してきた女性歌手、アンジェラ・マリアが9月29日、入院先のサンパウロ市の病院で心不全のために亡くなった。89歳だった。1日付現地紙が報じている。
 1929年にリオで生まれたアンジェラは、18歳だった1947年から歌手活動をはじめた。
 彼女は早くから注目を集め、その歌声はこの当時全盛だったラジオに乗ってよく流れ、次第に「ラジオの女王」との異名を取ることになった。
 彼女は、この当時の流行のサンバ、「サンバ・カンソン」の主要な歌い手として、ノラ・ネイやマイーザ、ドロレス・ドゥランといった女性歌手たちと共にヒット曲を飛ばし、音楽界をにぎわせた。
 また、1955年からは映画にも頻繁に出演し、人気絶頂だった1956~57年には年に5~6本出演するなど、銀幕でも人気ものだった。
 彼女はエリス・レジーナやマリア・ベターニアといった後の大物女性歌手が、その影響源として頻繁に名前を挙げる存在でもあった。
 近年も元気に活動を続け、2017年にはアルバムも発表していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中2019年8月3日 リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中  リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。  被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。  被 […]
  • リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人2019年7月31日 リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人  リオ市南部のラゴア区で28日、路上生活者が錯乱状態に陥り、停車中の車の運転手ら3人を刃物で刺すという事件が起きた。  目撃証言によると、プラシド・コレア・デ・モウラ容疑者(44)は、事件当時、精神に異常をきたし、意味不明な言葉を叫んでいたという。  防犯カメラの映像による […]
  • 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中2019年8月3日 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中  ダッタ・フォーリャが7月4~6日に国内168市在住者、計2088人を対象に行った調査で、「先住民(インジオ)保護区の開発のために鉱物採掘会社が保護区内に入ることを政府は認めるべきか」との設問に、86%が「全く同意しない」、7%が「一部同意する」、7%が「完全に同意する」と答え […]
  • 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ2019年7月31日 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ  国際的な非政府団体(NGO)のグローバル・ウィットネスが30日、18年にブラジルで殺された環境活動家は20人で、世界で4番目に多かったと発表したと同日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  同NGOによると、鉱物採掘や木材伐採、牧畜なども含む農産物加工業拡大などに対抗し、土地や […]
  • ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味2019年7月31日 ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味  医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。  ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱 […]