ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響

《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響

 1950年代に一世を風微し、長きにわたり活躍してきた女性歌手、アンジェラ・マリアが9月29日、入院先のサンパウロ市の病院で心不全のために亡くなった。89歳だった。1日付現地紙が報じている。
 1929年にリオで生まれたアンジェラは、18歳だった1947年から歌手活動をはじめた。
 彼女は早くから注目を集め、その歌声はこの当時全盛だったラジオに乗ってよく流れ、次第に「ラジオの女王」との異名を取ることになった。
 彼女は、この当時の流行のサンバ、「サンバ・カンソン」の主要な歌い手として、ノラ・ネイやマイーザ、ドロレス・ドゥランといった女性歌手たちと共にヒット曲を飛ばし、音楽界をにぎわせた。
 また、1955年からは映画にも頻繁に出演し、人気絶頂だった1956~57年には年に5~6本出演するなど、銀幕でも人気ものだった。
 彼女はエリス・レジーナやマリア・ベターニアといった後の大物女性歌手が、その影響源として頻繁に名前を挙げる存在でもあった。
 近年も元気に活動を続け、2017年にはアルバムも発表していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も2021年5月29日 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も  サンバ界の巨匠、作曲家や歌手として知られるネルソン・サルジェントが27日、リオ市でコロナ感染症のため亡くなった。96歳だった。27、28日付現地紙、サイトが報じている。  ネルソンは1924年、リオ市で生まれた。本名はネルソン・マトスだが、4年間、軍に服役したことか […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《サンパウロ市》バーチャルのカーニバル=市役所主催で12日から2021年2月13日 《サンパウロ市》バーチャルのカーニバル=市役所主催で12日から  12日午後8時から、サンパウロ市の市役所主催のバーチャルのカーニバル・イベント、「フェルティバル・ト・ミ・グアルダンド(Festival Tô Me […]