ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7日の大統領選は投票時から物々しい雰囲気があった。その理由のひとつは、ボウソナロ氏の陣営がさかんに主張した「不正投票の疑い」というもので、その過程で、「ボウソナロ氏を選んだはずなのに、ボタンを押すと全てハダジ氏になる」という、フェイクニュースのビデオが出回り、それを高等選挙裁判所が否定する対応に追われる一幕もあった。そんなに猜疑心をむき出しにしなくても圧勝しているのだから、もう少し、投票そのものに信頼を置いても良いのでは。また、フェイクでなく、投票所に銃を持ち込んだ、投票機を叩きつけて破壊したなどの暴力行為も実際に記録されている。
     ◎
 今回の選挙では、選挙時は常に、特にサンパウロ州では必ずといっていいほど話題になるPSDB(民主社会党)が、大統領選や下院選で惨敗という、かつてない経験をした。もっとも、アウキミン氏を最後の最後まで応援しようとせず、裏切ってボウソナロ氏に乗り換えようとした一部関係者の報道も少なくなかったし、それが議員選での有権者の不信感にもつながったような気もするが。そのあたりの同党のあり方について、選挙後どうするか、気になるところだ。
     ◎
 大統領選の決選投票に向けた政見放送が、今週の金曜日(12日)からはじまる。一次投票前の放送では、各ブロックにつき8秒しか時間のなかったボウソナロ氏が、どんな内容のものを作るか。また、これまではルーラ元大統領とのつながりや同氏のイメージを強調していたハダジ氏が、今回はボウソナロ氏批判に打って出るのか。注目すべき点は多い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]
  • 東西南北2019年1月10日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、何人かの局長の入れ替えを行った。その中で最も注目されているのは、エドゥアルド・アレッシャンドレ・シュナイデル氏に代わって新たに迎え入れられた、新教育局長のジョアン・クリ・ネット氏だ。クリ氏は、マルシオ・フランサ前サンパウロ州知事時代に […]
  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボウソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボウソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2019年1月9日 東西南北  7日、ブラジリアの洋服店の店員が連邦検察庁に対し、ダマレス・アウヴェス人権相に対する捜査を求めた。事の発端は4日、この店員がつとめている洋服店にダマレス氏が青い服を着て現れたことだった。前日に同氏が「男の子は青い服、女の子はピンクの服を着るべき」と言ったビデオが流れていたのを […]