ホーム | 日系社会ニュース | FJSP=「みんなで話そう!日本語教育」=南米の日本語教師対象に

FJSP=「みんなで話そう!日本語教育」=南米の日本語教師対象に

「みんなで話そう!日本語教育」チラシ

「みんなで話そう!日本語教育」チラシ

 国際交流基金サンパウロ文化センター(FJSP、洲崎勝所長)は6月6日(日)午前10時半~12時半にオンライン会議ズーム上で「積極的に参加したくなる授業」をテーマに「みんなで話そう! 日本語教育」の会を開催する。
 ブラジルに限らず南米で日本語教師をしている人を対象とした会で、話す言語はポルトガル語、スペイン語、日本語どれでもいい。定員は100人まで。FJSPの上級専門家・久野元(くの・げん)氏がモデレーターを務める。
 参加希望者は申し込みフォーム(https://forms.gle/pRnyDL3yWkTZ24tq9)に必要事項記入の上で応募を。応募締め切りは6月2日(水)。申し込み者へ4日、ズームリンクが送られる。
 同イベントの詳細はサイト(https://fjsp.org.br/agenda/minna-de-hanasou-nihongo-kyouiku-2021/)でも確認できる。

□大耳小耳□関連コラム
     ◎
 国際交流基金サンパウロ文化センター(FJSP、洲崎勝所長)の上級専門家・久野元さんが担当したワークショップ「自律した学習者を育てる:自律学習について知ろう」は4月24日ユーチューブで配信され、現在も見る事ができる。自律学習とは、学習者自身が自身で学習の目標と計画を立て、自身で管理しながら進める学習のこと。ワークショップではなぜ「自律学習」が大切か、どのように育成するか、そのために教師はどのように応じるかなどといった「自律学習」の基礎を紹介した。ワークショップ視聴者からの質疑応答の時間も設けられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声2021年6月25日 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声  【既報関連】23日夕刻、リカルド・サレス環境相の辞任と、ジョアキン・アルヴァロ・ペレイラ・レイテ氏の後任指名を告げる号外の連邦官報が出たと23、24日現地紙、サイトが報じた。  サレス氏は5月19日に行われた連警の「アクアンドゥバ作戦」の捜査対象の一人。不法伐採や違 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]