ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=故マリエーレ氏の標識復活=破壊したPSL議員候補に抗議

リオ市=故マリエーレ氏の標識復活=破壊したPSL議員候補に抗議

マリエーレ氏の標識を抱える人たち(Fernando Frazão/Agência Brasil)

マリエーレ氏の標識を抱える人たち(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 14日、今年3月に射殺された故マリエーレ・フランコ市議(社会主義自由党・PSOL)の名を記した記念標識を再度取り付けるイベントが、リオ市の市議会前で行われた。これは、ジャイール・ボウソナロ氏の社会自由党(PSL)の議員候補が標識を破壊した行為に対して抗議するものでもあった。14日付現地サイトが報じている。
 この日、リオ市のシネランジアで行われたイベントには、下院議員に当選したばかりのマルセロ・フレイショ氏(PSOL)やジャンジーラ・フェガーリ氏(ブラジル共産党、PCdoB)といった、リオ州で名が知られた左派政治家らも参加した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ