ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出

《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出

 ボウソナロ大統領は4日、下院に道路交通法修正法案を提出した。その法案では免停までのポイントが従来の20点から40点に大幅に緩和されるなど、交通事故の増加が懸念される内容となっている。5日付現地紙が報じている。
 この修正法案では、免停までのポイントが2倍になるだけでなく、65歳までの運転手は免許の更新期限が5年から10年に延びる(65歳以上は3年から5年)。
 ブラジルでは1997年に、20ポイントで免停とすることを決めた。オーストラリア、イタリア、ドイツといった国ではそれ以下で免停になるなど、むしろ厳しくなっており、交通問題の専門家も「時代に逆行している」と批判している。
 交通局(デトラン)によると、サンパウロ州内には違反点数が19ポイント以上の運転手が150万人おり、内71万5469人は、違反点数が40ポイント以上だという。
 ボウソナロ氏は本人や妻のミシェレ氏、三人の息子はいずれも、スピード違反や携帯電話で話しながらの運転などで高ポイントを受けていると既に報じられている。
 同法案はこの他にも、チャイルド・シート着席義務を10歳までから7歳までに短縮(10歳までは後部座席を使用)、トラック運転手への薬物使用経験の有無のテスト非義務化などを定めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人2019年6月15日 《ブラジル北東部》レシフェ周辺で大雨被害=7人が死亡、不明者2人  ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその周辺の市が、13日に豪雨に見舞われ、死者や行方不明者が出る事態に陥った。  レシフェ大都市圏を見舞った雨は、12時間で半月分の降水量に達するほどの豪雨で、各地で洪水や土砂崩れ、倒木などを引き起こした。  レシフェ市近郊のカマラジベ市では […]
  • 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?2019年6月14日 本日ゼネスト敢行か=全伯で交通機関が麻痺?  今日14日はゼネストが行われる可能性が強いが、13日の時点でさん市内で予想されていることを13日付現地サイトが報じている。  今回のストは社会保障制度改革反対を訴えるもので、サンパウロ市地下鉄と都電(CPTM)、市内のバスを運営するSPトランスが参加を表明し、市民の足が心配 […]
  • 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力2019年6月15日 《ブラジル》国際的ジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏死去 南米中で民主主義に尽力  ブラジルのみならず、南米、南欧圏でも活躍したジャーナリストのクロヴィス・ロッシ氏が14日未明、心筋梗塞を起こした7日から入院中だった、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院で死去した。76歳だった。14日付現地サイトが報じている。  1943年にサンパウロ市で生まれ […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型2019年6月13日 《ブラジル》風邪による死者200人超す=3分の2がH1N1型  今年に入って以降、風邪で亡くなった人が全国で200人を超える事態となっている。12日付現地紙が報じている、  保健省によると、5月25日現在の風邪による死者は222人で、66・6%にあたる148人はH1N1型インフルエンザで死亡している。H1N1による死者の81・5%は、高 […]