ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会

《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会

消防士の1日を過ごし、大喜びのカウエ君(12日付G1サイトの記事の一部)

 クリスマス(ナタール)が近づき、歳末商戦や恒例行事などの報道が続いているが、この時期ならでは暖かい心の触れ合いを報じるニュースも伝わってきている。
 その一つは、サンパウロ州サンカルロス市の消防士達が、8歳のカウエ君の要望に応えた話だ。
 カウエ君は小さい頃から消防士が大好きで、消防車が通ると、「お母さん! 消防士だ! 消防士が通るよ!」と歓声を上げていた。消防車を欲しがる同君に小さな玩具を買ってやったという祖母のマリア・アパレシーダさんは、「いつか、お前のヒーローの消防士さんに会わせてあげるね」と約束していたという。
 そんなカウエ君がある日、消防士に会いたいと訴える手紙を書いたのをみて、母親が清書し、消防署に届けたところ、消防士達が12日にカウエ君の家に来て、同君が望んでいたハグ(抱擁)をプレゼントしたのだ。
 「僕達が家まで行ったら、おばあさんが迎えてくれた。とても気持ちの良い家族で、カウエ君は喜んで涙まで流してくれた。同君の弟も来て、僕達に抱きついてきた上、将来は消防士になりたいと言ってくれた」と語るのは、消防士のジェッシカ・ムチネリ氏だ。
 カウエ君とその家族は消防士達の毎日を体験して見ないかと招待され、カウエ君が1日消防隊員を務めた。カウエ君は大喜びして、「とっても嬉しい。僕もいつか大きくなったら、彼らみたいに人の命を救う消防士になるんだ」と語った。
 「子供達は消防士という職業をヒーローのように思っている。消防士の制服を着て、消防車に乗り、消防署を訪ねて見たがっている子供も沢山いる。こんな機会はめったにないけど、とっても感動的だね」と、軍曹のエデル・ポレッチ氏も微笑んだ。

路上生活者のためのフェスタを用意している、バーニョ・ド・ボンのボランティア達(Divulgação)

 他方、連邦直轄区ではバーニョ・ド・ボンと呼ばれる団体のボランティア達が、83人の路上生活者にクリスマスのプレゼントを用意している。
 国立図書館の敷地内でのフェスタは15日午後7時からの夕食がメインで、参加者は昼過ぎ(0時半)からシャワーを使い、清潔な服を受け取った上、散髪や化粧、マニキュアといったサービスも受けて準備を整える。参加者が使うシャワーは、バスを改造して作られた特別製だ。
 プログラムには、クラウヂア・ベングトソン氏が創立した成人向けバレエプロジェクト“ポル・ケ・ノン!?”によるバレエの上演や、“コロ・ヴォクス・ムンディ”による音楽の演奏も組み込まれている。
 ザ・テイスロ・ブラジルという番組担当シェフのラケル・アマラル氏の用意した夕食でおなかもくち、音楽やバレエで目と耳を肥やした人達が、心も体も満たされたクリスマスを過ごせる事を、主催者達は願っている。(12、13日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]
  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]
  • 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯2019年12月10日 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯  曹洞宗両大本山南米別院佛心寺(采川道昭住職)は、同寺の創立及び南アメリカ国際布教総監部開設60周年を迎え、記念行事を11月22~24日、サンパウロ市リベルダーデ区の同寺で執り行った。日本、フランス、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイなどから60人以上の僧侶が来伯し、 […]
  • 《ブラジル》=「休日多くて売上さっぱり」?=観光業以外は苦戦か2020年1月21日 《ブラジル》=「休日多くて売上さっぱり」?=観光業以外は苦戦か  ブラジル全国財・サービス観光商業連合(CNC)は17日、今年は多くの祝日が平日に重なり、休みをとる国民が増えるため、観光部門以外の商業部門は196億レアルの損失を被ることになるだろうと発表した。この数値は174億レアルだった2019年と比べると、12%も高い。  CNCは、 […]