ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ大都市圏=5日間で若者6人が死亡=軍警捜査の流れ弾被害で

リオ大都市圏=5日間で若者6人が死亡=軍警捜査の流れ弾被害で

 リオ大都市圏では若者が流れ弾で死亡する事件が相次いでおり、9日から13日の5日間で、21歳以下の若者6人が犠牲になったと15日付現地紙が報じている。
 14日、リオ市西部のバングーで死亡したマルガレッチ・テイシェイラさん(17)もその一人だ。テイシェイラさんは生後1年10カ月の息子を抱いて教会へ行こうとしていた時、近くで起きた犯罪者と軍警の銃撃戦で銃弾を10発浴び、病院へ運ばれたが、途中で死亡した。彼女と共に被弾し、死亡した男性2人が銃撃を加えてきたので軍警が応戦したという。
 息子の方も左足と頭に銃弾を受けたが、命に別状はなく、手術後の容態も安定しているという。
 テイシェイラさんの死で、9日以降、流れ弾で死亡した無実の若者は6人になった。他の5人は、ガブリエル・ペレイラ・アウヴェスさん(18)、ルーカス・モンテイロ・ドス・サントス・コスタさん(21)、チアゴ・フレイタスさん(21)、ジオゴ・コスタ・シャヴィエル・デ・ブリットさん(16)、エンリコ・デ・ジェズス・ヴィエイガさん(19)だ。軍警は6人中3人は容疑者だというが、家族はいずれも、軍警の言葉を否定。荷物の中身が家を出たときに持って出た物とは違っていると証言する家族もいる。
 また、9~13日に行われた軍警の捜査や犯罪者との銃撃戦で死亡した人は、容疑者らも含めると15人に上るという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]