ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその中心には元陸軍将官もいる。これに対して、ロドリゴ・マイア現議長を中心としたセントロン系グループが強い難色を示しているという。ただでさえ、「民主主義は守られるのか」と不安がられているこの時期に、血縁関係者による権力独占を強引に求めようとするのはいかがなものか。今はおとなしくするべきでは。
     ◎
 サンパウロ州地裁が、サンパウロ市地下鉄6号線の工事担当コンソーシアムのモーヴェ・サンパウロに対し、「工事停止中の現場の管理をサンパウロ州が負担する」との請求を退け、引き続き、同社が管理することを求めた。6号線は北部ブラジランジアと市中央部(セントロ)を結ぶべく計画された線で、2019年に完成の予定だったが、同コンソーシアムがラヴァ・ジャット作戦に関与していたことでダメージを受け、2016年から工事が止まっていた。
     ◎
 サンパウロ市周辺では17日午後から18日朝にかけ、またも強い雨が降り、とりわけグアラピランガ水系の降水量は72ミリを記録した。18日午前9時現在、カンタレイラとグアラピランガでは10月の月間平均を超える160ミリの降雨を記録しており、アウト・チエテでも100ミリを超えた。今日あたりまでは天気がぐずつく見込みで、もう少し降水量が増えそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月22日 東西南北  本日付本頁で報じた新都市相候補のアレッシャンドレ・バウジー氏に、早速黒い噂が浮上している。20日付フォーリャ紙には、同氏は2011~12年頃に現地紙をにぎわせた連邦警察のモンテ・カルロ作戦の仕掛け人で賭博師のカルロス・カショエイラ被告と深いつながりがあり、犯罪にも関与していた […]
  • 東西南北2017年6月1日 東西南北  サンパウロ市のアンドレ・ストゥルム文化局長が、ホームレスの文化団体の若者たちとの会議の際に暴言を吐いていた録音が暴露され、物議を醸している。この団体は昨年から市内東部で不法占拠を行った後、当時のハダジ市長から10万レアルの資金援助を得て音楽活動などを行っていたが、資金が切れた […]
  • 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭2017年2月7日 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭  3日夕、脳血管障害に伴う脳死判定を正式に受けたルーラ元大統領夫人のマリーザ・レチシア氏の葬儀が4日、同氏の地元であり、二人が出会った場所でもある大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポ市の金属労組で行われ、ルーラ氏がラヴァ・ジャット作戦(LJ)に向けた怒りをぶちまけた。5日 […]
  • 東西南北2017年1月13日 東西南北  ルーラ元大統領は11日、バイア州サルバドールで行われた土地なし労働者運動(MST)主催の集会に参加し、集まった群衆に、大統領選挙に再出馬の意向を示した。しかも、「テメル(大統領)でも、セーラ(外首相)でも、セルジオ・モロ(判事)でも、連警の警部でも構わない。誰が出てきても受け […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]