ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボルソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボルソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその中心には元陸軍将官もいる。これに対して、ロドリゴ・マイア現議長を中心としたセントロン系グループが強い難色を示しているという。ただでさえ、「民主主義は守られるのか」と不安がられているこの時期に、血縁関係者による権力独占を強引に求めようとするのはいかがなものか。今はおとなしくするべきでは。
     ◎
 サンパウロ州地裁が、サンパウロ市地下鉄6号線の工事担当コンソーシアムのモーヴェ・サンパウロに対し、「工事停止中の現場の管理をサンパウロ州が負担する」との請求を退け、引き続き、同社が管理することを求めた。6号線は北部ブラジランジアと市中央部(セントロ)を結ぶべく計画された線で、2019年に完成の予定だったが、同コンソーシアムがラヴァ・ジャット作戦に関与していたことでダメージを受け、2016年から工事が止まっていた。
     ◎
 サンパウロ市周辺では17日午後から18日朝にかけ、またも強い雨が降り、とりわけグアラピランガ水系の降水量は72ミリを記録した。18日午前9時現在、カンタレイラとグアラピランガでは10月の月間平均を超える160ミリの降雨を記録しており、アウト・チエテでも100ミリを超えた。今日あたりまでは天気がぐずつく見込みで、もう少し降水量が増えそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • ボルソナロ新内閣が発足=「政治家より国民のために尽くす」=古く澱んだ池に澄んだ大量の水=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2019年1月8日 ボルソナロ新内閣が発足=「政治家より国民のために尽くす」=古く澱んだ池に澄んだ大量の水=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  1月1日、うす曇りの首都ブラジリアで各界要人列席の下、ジャイール・ボルソナロ氏の第38代大統領の就任式が無事挙行されました。全国各地から11万人もの国民がこれに参集し、三権の広場は大衆の祝福の言葉で満たされました。  翌2日には各省庁の実務を遂行する新閣僚たちも正式に任命さ […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出2018年12月28日 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出  2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボルソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷 […]