ホーム | Free | 文協総合美術展、21日から=今年から文化スペースで開催

文協総合美術展、21日から=今年から文化スペースで開催

酒井さん、生駒さん

酒井さん、生駒さん

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)主催の『第12回文協総合美術展』が、21日から28日までサンパウロ市文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381)の文化スペースで開催される。入場無料。
 現代画、具象画(美展)、工芸の3カテゴリーから147人の作品258点が展示される。昨年に引き続き、現代画で赤崎マルコスさんが大金賞を受賞。
 また、同美術展の前身である工芸展の創設者、鈴木章子さん、川上久子さん、三橋延吉さん、豊田豊さんが表彰される。工芸展は1968年に創設され、今年で50周年となる。ほか、三世までの日系芸術家23人も招聘され、本美術展に出展している。
 案内のため来社した生駒憲二郎工芸委員長、酒井町子美展委員長は「今年もたくさんの作品が展示されている。是非来場を」と呼びかけた。
 開館時間は平日正午から午後5時、土日祝日は午前10時から午後5時、最終日は午前10時から午後3時。20日午後3時からは大講堂で開会式が行なわれる。
 問合せは、文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】困難を乗り越え、飛躍の一年に=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2021年1月2日 【2021年新年号】困難を乗り越え、飛躍の一年に=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  新年明けましておめでとうございます。  昨2020年、我々は新型コロナウイルスによる未曾有の困難に直面しながらも、新たな解決策を模索し、乗り越え、前進しようと絶えず努力してきました。  コロナ禍において、ブラジル全国の日系団体は、セミナー、日本祭り、盆踊り等、各種 […]
  • 大耳小耳2009年12月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年12月18日付け […]
  • バイレ・エリカ=愛知会館で23日2010年1月20日 バイレ・エリカ=愛知会館で23日 ニッケイ新聞 2010年1月20日付け  川橋エリカ音楽教室のバイレ・エリカ・カワハシが23日午後6時から、リベルダーデ区の愛知県人会館(R.Santa Luzia,74)で開かれる。 […]
  • 「カギ握るPMDB」=近藤書記官=商議所講演=06年大統領選を語る2005年7月16日 「カギ握るPMDB」=近藤書記官=商議所講演=06年大統領選を語る 7月16日(土) […]
  • 大耳小耳2018年5月29日 大耳小耳  昨年8月に家庭用電子血圧計のブラジル生産を発表したオムロンヘルスケア株式会社。24日付の京都新聞によると、サンパウロ州ジュンジャイー市に新工場を建設すると発表した。ここを拠点に南米市場を開拓し、2022年には生産能力を540万台にするとの計画。建設予定の工場では、血圧計やぜん […]