ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》博物館・美術館の防火体制点検=主要な6館に早期改善勧告

《ブラジル》博物館・美術館の防火体制点検=主要な6館に早期改善勧告

リオ州ペトロポリス市の帝国博物館(Alexandre Machado)

リオ州ペトロポリス市の帝国博物館(Alexandre Machado)

 9月2日にリオ市の国立博物館で火災が発生し、所蔵品の9割が焼失した。これを受けてブラジル連邦検察庁(MPF)自然環境、歴史遺産保護局は国内各所の博物館、美術館の防火体制の監査を行い、22日に6カ所の博物館に対し、防火対策計画の再検討を勧告した。
 今回、防火対策再検討勧告を受けたのは、リオ市内の国立美術館、リオ市近郊ペトロポリス市の帝国博物館、ゴイアニア州の宗教美術館と、バンデイラス博物館、ミナス州のインコンフィデンシア博物館、リオ・グランデ・ド・スール州のミッソンィス博物館の6カ所だ。
 6カ所の博物館、美術館は90から180日の猶予期間の間に新規の防火対策を立案しなくてはならず、パニック時の対策、危機管理対策の提出も求められる。
 各博物館、美術館の防火対策計画は消防当局と、国立歴史美術遺産院(Iphan)の承認を受けなくてはならない。
 計画が実施されるまでの猶予期間は1年で、各博物館、美術館はMPFの監査を受けることとなる。計画が実行されない場合、各博物館、美術館には司法当局の手が入る、とされている。(23日付、アジェンシアブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市交通調査》車移動の時間が16%減=公共交通網の発達が一因2018年12月13日 《サンパウロ市交通調査》車移動の時間が16%減=公共交通網の発達が一因  サンパウロ州メトロポリタン公社(Metro)が毎年行っている交通調査によると、2017年にサンパウロ市大都市圏の住民が車で通勤、通学する際に費やした時間は1回平均26分だったと、12日付現地各紙が報じた。  この数値は、31分だった2007年と比較して16%短くなっ […]
  • 《ブラジル》偽札発覚で銃撃戦に発展=共に警察を用心棒に雇う=捜査当局「選挙の裏金の疑いも」2018年10月25日 《ブラジル》偽札発覚で銃撃戦に発展=共に警察を用心棒に雇う=捜査当局「選挙の裏金の疑いも」  【既報関連】ミナス州ジュイス・デ・フォーラ市で19日に発生し、1人の死亡者と2人の負傷者を出した、サンパウロ州市警とミナス州市警による銃撃戦事件の捜査が少しずつ進展していると、23、24日付現地各紙・サイトが報じた。  サンパウロ州監察局の捜査によると、同州在住の企 […]
  • リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因2018年12月22日 リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因  リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機 […]
  • 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用2018年12月21日 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用  2017年のブラジルでは、1億2640万人がインターネットを利用していた事が判明した。この人数は、10歳以上の人口の69・8%を占めている。  これは、2016年の1億1610万人(10歳以上の人口の64・7%)と比較して、実数にして1030万人、比率にして5・1% […]
  • リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る2018年12月21日 リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る  リオ市西部で暗躍する犯罪者らの民兵組織(ミリシア)摘発のため、リオ州市警と軍兵士が20日、約100人分の逮捕令状を執行したと同日付現地紙サイトが報じた。  「ヘラクレス」と題する作戦の対象は、ウエリントン・ダ・シウヴァ・ブラガ(通称エコ)が指揮し、リオ市西部からバイ […]