ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日付アゴラ紙によると、現在、サンパウロ州内では公的医療機関で無料配布されている薬が不足状況だという。その例として、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のリルゾール、抗リウマチ薬のレフルノミド、骨髄移植の拒否反応抑制薬のタクロリムス、さらにC型肝炎用の薬などがあげられている。また、サンパウロ市内の保健統合システム(SUS)では、物資不足により、筋肉断裂などで入院している患者の外科手術ができない状況が続いているという。州民としては、こうした状況では、おちおち病気や怪我もできない。だからこそ、28日に決まる次のサンパウロ州知事が誰になるかが、注目されるところだ。
     ◎
 バイア州サルバドールで、10月の初めから症例がはじまって、すでに90件くらいの症例が登録されている〃謎の病気〃が発生しているという。報じられているところによると、それは虫刺されに似た状況からはじまり、後に赤くなって、そこから強い痒みがはじまるというもの。今のところ、死に至る重病ではないようで、5日から7日で収まるとか。とはいえ、広まらないに越したことはない。北東伯からはこの数年、毎年のように聞き覚えのない伝染病の流行が伝えられているが、今回も大事に至らないよう祈りたい。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯はいよいよ準決勝。今日24日はパルメイラスが敵地ブエノスアイレスで、南米屈指の強豪ボカ・ジュニオルスと対戦する。17年ぶり4強進出となったパルメイラスだが、かつて敗れた相手であるボカには雪辱を果たしたいところ。全国選手権で5連勝中の勢いを、この試合でも生かせるか?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]
  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]