ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市会計検査局(TCM―SP)は24日、同市に対して、市内のバス路線の大幅な変更に伴う入札に必要な資金の調達を了承した。しめて680億レアルで、落札業者は20年間の契約をすることになる。ジョアン・ドリア前市長の頃から進められていた計画では、「地区間はマイクロ・バス」「他区間を結ぶものは大型バス」を使用することになる。新計画では190線を廃止し、267線のルートを変更する他、44線が新設される。さらに、バスは冷房やワイ・ファイなどが完備されたモダンなものになるという。地下鉄の拡充でサンパウロ市民の生活の変化が話題の昨今だが、バスもそれに続きたいところだ。
     ◎
 21日、サンパウロ市トレメンベーで、49歳の陸軍大佐が、80歳の元警察官ミウトン・モンテモールさんに暴力をふるい、大腿骨骨折などの重傷を負わせる事件があった。事の発端は、この大佐とミウトンさんの妹が、教会で神父のことに関して口論となったことにあるという。ミウトンさんはこの口論を仲裁したが、ミサから帰ろうとしたところ、駐車場で待ち伏せされ、被害にあった。ミウトンさんは病院で手術を受け、安静を命じられている。大佐は軍警で取り調べを受けたという。
     ◎
 24日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1試合。パルメイラスは、敵地ブエノス・アイレスでのボカ・ジュニオールズ戦を0―2で落とした。相手はアルゼンチンのみならず、ウルグアイやコロンビアの代表選手が集まる南米屈指の強豪だ。苦しい展開となったが、次回31日の本拠地アリアンツ・パルケで逆転を狙いたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月10日 東西南北  現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]